FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life
50歳で妊娠・出産した野田聖子議員。

彼女の産んだ息子には、生まれる前から様々な病気が発見されたそうです。
メディアによると、1歳になるまで6回もの手術が必要なんだとか。

不妊治療を経た出産までの厳しい道のりの中でも、
きっと周囲からも様々な意見が出た事でしょうが、
出産をするというその一貫した意思と強さは本当にすごいと思います。

さて・・・
BBCにはこんな話題が。

_51406522_ivf.jpg
Fertility treatment success is not prevented by stress
(不妊治療が成功するかどうかは、ストレスとは関係ない。)

Fertility treatmentは「不妊治療」、
preventは「妨げる」という一般動詞。


Emotional distress does not affect the success of IVF
or other assisted reproductive techniques, according to a study.
(研究によると、感情的なストレスは、
体外受精や他の生殖補助医療が成功するかどうかに影響を与えるものではない。)

IVFは「In Vitro Fertilization」の略語(abbreviation)で「体外受精」という意味。


「不妊で悩んでいる女性は、ストレスを多く抱え込んでいるから」という考えは、
どうやら否定できるものみたいです。

この考えをこの記事は「myth」(作り話)としていて、

"Women having fertility treatment who do not get pregnant early on often blame themselves
for getting too stressed out and the longer they remain not pregnant the more stressed they get.
This just reinforces the myth."
(妊娠できずに不妊治療を行っている女性は、ストレスを抱え込んでいる自分自身を責め、
妊娠しない時期が長くなればなるほど、彼女たちのストレスは多くなり、その作り話を強めている)


と書かれています。

The longer~, the more・・・のようにthe +比較級を2つ続ける事で、
「~すればするほど・・・だ」という意味になります。

例)The older I get, the more I learn.
(歳を取ればとるほど、学ぶ事が増える)


不妊に限らず、妊娠や出産に関し、意外と不明瞭な事が多くあり、
よく聞かれる噂や憶測をまともに受けて、不安になったりするものです。

もっと科学が進み、女性が不安なく妊娠・出産でき、
また、それを受け止められる社会の仕組みが早くできればいいとつくづく思います。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://aki091107.blog84.fc2.com/tb.php/37-e5beccce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック