FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life
7月7日(日)神田外語学院まで英検1級2次試験を受けてきました。

英検1級2次の配点は以下の通り。

セクション1 SHORT SPEECH 30
セクション2 INTERACTION 30
セクション3 GRAMMAR AND VOCABULARY 20
セクション4 PRONUNCIATION 20
合計100点満点
合格点は大体60点です。

2つの面接官がジャッジするので、
一人の面接官がが上記の配点の半分づつ持っています。


合格点は大体60点と考えると、
すべて半分の評価が得られても50点で落ちてしまうので、
どれか一つでも半分以上の配点をもらわなくてはいけない、という意識で臨みました。

理想イメージとしては、
セクション1 SHORT SPEECH (24点)
セクション2 INTERACTION (15点) 
セクション3 GRAMMAR AND VOCABULARY (12点)
セクション4 PRONUNCIATION 20 (10点)

これで61点です。

さ、当日のことを詳しく書いていきます。

控室にて

12時50分集合となっていて、12時30分についたのですが、
私の前に31人いました。

控室に通される前の受付で「保護者の方ですか」ときかれ愕然。
まずここで軽く動揺する・・・。

受験順番

もちろん早い人順で面接が始まります。準1級2次ではかなりまたされたので、
また待たされる事を覚悟しました。

が、そこのビルの数階に渡って面接教室が用意されており、
実際に面接を受けた時間は13時40分だったので、予想していたよりも早く受験できました。

面接スタート!

2人の面接官。一人は50代くらいの日本人。もう一人は30代くらいの外国人。

最初の質問は、
「Could you talk about yourself a bit?」でした。

これは・・・もうバッチリ答えられましたよ。(練習してたから(笑))

「I work part-time and I have two year old son. Whenever I work or go out on weekends,
my husband takes care of my son.
He is always willing to take care of him!! So, he is a good husband and father.」みたいな。

クスっと笑ってもらえました。

そしたら、

「What does he like doing with your son?」と外国人から質問されました。

何って・・・・何だろ・・・。うーん・・・

「本を読む事」とか無難に言えばよかったのですが、

「Especially in summer, he really enjoy playing with him in a pool.」とか言った気がします。

ショートスピーチ!

一番恐れ多いショートスピーチ。
手渡された5つのトピックのうち1つについてスピーチを1分間考えます。

目についたのが、

「Agree or disagree: Sexism has been eliminated in a modern society.」

キターーーーーーーーー!!もちろんdisagree!

得意分野。とは、思いつつも、頭の中は整理されておらずスピーチ開始。

出だしは、

「I disagree that sexism has been eliminated especially in a working place」で始めました。


①仕事場環境が女性が男性と対等に働く環境になっていない、
②働く女性への理解がまだ足りない事について話したのと、
③政府の女性支援対策が足りない

などをバラバラと話しました。もう、ほんと、バラバラと・・・という感じです(汗)

2分間バッチリ話すことができました。

それにしても・・・
日本人の面接官、まったく話している私の顔を見ませんでした。
ずーと下向いてましたよ。

ちっ 一生懸命話してるのにさぁ~って思って、
必死でもう一人の外国人面接官にスピーチしました。

Interaction!

2分間のスピーチが終わり、

外国人面接官より、
「Do you want to work abroad?」みたいなことを聞かれました。

以前外資系企業で働いたときに、
海外の企業や政府の対策が働く女性に対してとてもサポートが整っていたのを知っていたので
そのことを説明し、「働くチャンスがあれば行ってもいい(なぜ上から目線?)」みたいな
事を言いました。

文法的にはボロッボロでした。焦りすぎです。

日本人面接官より、
「今日の受験生はほとんど女性なんだけど、
それは性差別がなくなったという事ではないのかな?」みたいなことを聞かれました。

正直、この日本人面接官の英語が、もう・・本当に聞きづらかったです。
ボソボソ話す感じで、英語もなんだかよく分かりませんでした。

繰り返し言ってもらうことは減点対象にならないと知っていたのに、
こういう時って聞き返せないもんですね・・・。失敗しました。

「性差別がなくなったわけではなく、女性がこういう勉強する機会を与えられているのは、
理解してくれる夫が増えたから」

みたいなよく分からないことを一生懸命話してしまいました。
かなり、意味不明な事を言っていた自覚があります。

しかも、その日本人の面接官、首をかしげてましたし(笑)

あぁ~もっと冷静に話すべきでしたし、
何しろもう一回質問を尋ねるべきでした・・・。

手ごたえ

正直、

ぎりぎり受かっていてほしい! 

という感じです。

たぶん、Grammar and vocabularyの項目は、半分以下をもらうと思います。
焦ってしまって、文法に意識が回りませんでした。
何を話したらいいのかで精いっぱい。

日ごろから、
問題意識を持って話すという事が、つくづく大事だと痛感しました。





スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://aki091107.blog84.fc2.com/tb.php/291-0a9fa67e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック