FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life
5月19日(日)本日2本立てセミナーに参加してきました。

第1部:TOEIC講師のためのSLA研究 豊田典子先生

SLAとは、第2言語習得に関する研究でした。

初めて聞いた言葉で、初めて聞いた内容だったので、
難しい部分もありましたが、

多岐に渡るこの研究内容の中でも、
とても興味深い研究結果や、研究データがありました。

日ごろ、経験からして「当たり前だ」と思われる事でも、
自分の「当たり前」が研究されていて、実際に信憑性があるのだと
確認できたのが面白かったです。

英会話に関する研究結果について

アウトプットだけをしたクラス、
インプットだけをしたクラス、
両方をしたクラス、

この3つのクラスのうち、英語力が一番UPしたのはどのクラスか・・・?

答えは・・・

「両方をしたクラス」です。 ね、当たりまえだのクラッカーですよね。

これは実際に研究にされた結果との事です。

でも、世の中は、

「聞くだけ(インプットだけ)で話せるようになります」的な広告をよく見かけます。

結局はインプットだけではなく、アウトプットもしないと効果があまりないのかもしれません。

語彙力UPに関すること。

週一回30分語彙を勉強したクラス、
毎日10分語彙を勉強したクラス、

さて、どっちが語彙力をUPできたか・・・?

答えは・・・

「毎日10分のクラス」です。ね、当たり前だ敦子でしょ?(→新ギャグ)

これも研究で出された結果ということです。

でも、この「毎日やったほうが効果的」という事実がわかってない人が意外と多いです。

語彙に関しては特に、
時間を置いて再度チャレンジした回数が多ければ多いほど覚えやすくなるんですね。

また、これは別の機会で聞いた話ですが、
24時間以内に復習すると88%の記憶維持を見込む事ができ、
それを過ぎると33%に落ちるらしいです。

復習はできれば小刻みに、回数を多くすると定着するみたいですね。

とても勉強になりました。
もう少し掘り下げて、学びたい箇所もあったので、本を読んでみようと思います。

第2部 授業力&講師力アップセミナー Jay先生

よっ 待ってました!
本当にいつも楽しみです、Jay先生の講義。

今回は、講義して欲しい内容を事前に募ってくださったので、
私は「授業での笑いの取り方・話し方」について講義して欲しいとお願いしていました。

とてもレアな要求だと思うので、却下されても仕方なし・・・と思っていましたが、
ななななななんと、その為のお時間を他の講義内容と合わせて取ってくださいました。

その中でも興味深かったのは、
「人に話を聞かせる方法」です。

どうやって人に話を聞かせるのか・・・・・
話術?データの活用?もしや脅迫?(話聞けやー!みたいな圧力)

そうではなくて、実はとても簡単に人に耳を傾けさせる事ができるようです。

それは

「まばたきの回数を減らす事」だそうです。ジャパネット高田社長がいい例とのことでした。

で、実際に私も見てみました。

確かに・・・カメラに向かっている時だけ極端にまばたきが少ないです。

意識的にそうしているのか、というと、多分そうじゃないような気がします。
テレビを見ている視聴者をかなり意識して話している姿勢・目線が、
まばたきを少なくしている気がします。

そして・・・
昨日のJayさんの講義の中で

「言葉を大切に」という話もありました。

言葉を大切にしている人というのは、
一つ一つの言葉を選び、大事に言葉を発している印象を受けます。

昨日のJayさんがまさにそんな感じ。

適当に感情に任せて、勢いで話すのではなく、
きちんと、丁寧に、言葉を常に選んで話しているのが分かります。

なので分かりやすいし、伝わってきやすいですし、面白いのです。


昨日は懇親会にも出て、最後までご一緒させていただきましたが・・・
出産してから初めての夜遊びは、本当に楽しく充実し、

また、お酒で舌が回らず・・・痛恨のトークミスを犯した事を教訓に、
今日からまた精進しようと思います。











スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://aki091107.blog84.fc2.com/tb.php/269-e8b42c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック