FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life
2月22日、23日、
3月2日、3日の4日間で行われた講座が今日終了しました。

一年間の中で、一番出たいセミナーでもあり、
13-03-04_001.jpg
一番出たくないセミナーでもありました。

なぜなら・・・

へこみまくるから、です。

周りの講師の方々が素晴らしすぎて、
自分があまりにも情けなく、恥ずかしい講師に思え、完全に打ちのめされるからです(笑)

でも、成長するためには「へこむ」しかないんですよね。

家に必要なのは「セコム」
講師に必要なのは「ヘコム」

講師同士、会ったときには「(長島風で)ヘコムしてますか?」を合言葉にしよう、
という笑い話が出たくらいです。

しかし・・・

すこーし・・・ほんの少しだけ、
今年は去年より進歩した気がしました。

去年のブログはこちら→http://aki091107.blog84.fc2.com/blog-entry-125.html
なんか、周りに圧倒されて終わった感じ。

もっと今年は「客観的に、冷静に」出席できた気がします。

たっくさん学ぶ事ができましたが、
印象に残ったことをまとめておきます。

模擬授業

今回7名の方の模擬授業を見ました。
割り当てられた時間は13分。

個性が出ます。

声のトーン、テンポ、強弱、言葉使い。
そういった事で、レッスンにメリハリをつけられたり、
生徒との距離をグッと縮めたり出来るということを、見ていて感じました。

今回私はPart7のシングルパッセージを担当。
沢山課題はありますが・・・

13分間内で自分が絞った内容をまとめられたこと、は時間管理という点では去年より良くなっています。

あと・・・

「なんとなく声がいいですね」と、去年の模擬授業の時も言われましたが、
今日Jayさんも言ってくださいました。

ひょっとして・・・

「褒める事がないときの褒め言葉」なのでしょうか・・・(自虐的)

メタファー(隠喩=例え)

これはJayさんの20分の講義。

内容はもちろんですが、20分でこれだけ深い内容を話せるとは・・・。
やはり素晴らしいプレゼン力です。

メタファーを使うと、本当に分かりやすく聞く耳を持ってもらいやすい、と実感。

私は日頃、おじさま、おばさまに対して英語を教える事が多いので、
「楽しんでもらう」にはこうした技術が必要だと日々思っていました。

最後の最後でJayさんを捕まえてこの話をしていましたが、

「人を笑わせるのは難しいけれど、
練習すればうまくなる、つまりそれは感覚で笑わせるものではなく、技術で笑わせるもの」

という話をしてくださいました。

細かく聞くと、
その点に関して細かく研究されていることにビックリ。

芸人も顔負けです。

「まぁ、講師はピン芸人ですから」と。

お笑いは私も好きなので、
そこから取り入れられる要素をもっと勉強してみたいです。(1年後には芸人に転進してたらすみません)




それにしても・・・・
本当に内容の濃い4日間、レベルの高い人たちが集まったセミナーでした。

まるで天下一武道会です。(ドラゴンボールね)

まぁ、私は何の戦力にもならないヤムチャみたいな存在でしたが(→メタファー)

来年はクリリンくらいには成長していたいと思います。(→分かりづらい)







スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://aki091107.blog84.fc2.com/tb.php/220-10a1c047
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック