FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life
coaching:指導

テレビを見ていたら、
乙武さんがコメンテーターとして、体罰はあっていいものなのかを問われ、
指導とは何かについて話していました。

彼は

”もし何かを指導するならば、
それはアドバイスや提案でなければいけない。

指導者のそのアドバイスや提案が、指導を受ける側(生徒)に受け入れられるかどうかは、
生徒次第であり、生徒が判断すべきである。

体罰によって強制的に指導通りに生徒を動かそうとするのであれば、
それは指導とはいえない。”と。

私は乙武さんの意見に大賛成。
彼の素晴らしい言葉に感動しました。


When I was watching TV,
Hirotada Ototake as a commentator talked about the definition of coaching when he was asked whether or not physical abuse should be allowed.

He said

“ When you teach something to your students or instruct them,
your coaching should be advice or suggestions.

It’s ultimately up to your students and your students have right to choose whether your advice or suggestions are accepted.

If you use the violence against the students to force them to do as instructed, your coaching cannot be called coaching. “

I can’t agree more with his comments about coaching.
I was moved by his impressive comments.
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://aki091107.blog84.fc2.com/tb.php/209-cff1badd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック