FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life
最近、息子のことをブログに書いていなかったのが気になっていました。

いやー ここの所の息子の成長はすさまじいです。天才だわ。(→単なる親バカ)

そのモロモロを書く前に・・・クリスマスの様子を。(このブログ長くなる予感)

ツリーを出して、クリスマスっぽくデコレーションしたのですが
クリスマス1
クリスマスの音楽をかけながらやっていたら、

息子のテンションが一気にUP!!!

息子のクリスマスへの興味というか・・・
世界観というか・・・
そいういうものが一気に広がった気がしました。

ずいぶん前から「サンタさん」の存在を聞かせ、
「いい子にしていないとプレゼントはくれない」という(脅迫めいた)話をしていましたが、

これがすごい効き目(笑)

In America, parents say to their children like this.
アメリカでは、親はこのように子供に言うそうです。

"If you don't behave then you'll get a lump of coal for Christmas".
いい子にしてなかったら、クリスマスは灰だらけよ!(プレゼントは無しよ、の意味)

It sounds interesting.

And I learned that Christamas can be used as one of the tools to descipline children
over the world.
クリスマスってのは、世界中で子供を教育する一つのツールとして使われてるって事が分かります(笑)

さてクリスマスが過ぎた今・・・どうやってしつければいいのか(どれだけクリスマス頼み?)

家族(祖父母含む)でみんなサンタ帽を被って
クリスマス2
大いに盛り上がりました。

祖父母(私の両親)からのプレゼントはこれ。
カラフル先生
カラフル先生という名の、、、お絵かきグッズ。

パパとママからは
アンパンマン本
アンパンマン版、ウォーリーを探せならぬ、アンパンマン&その仲間達を探せブック。

いいんですっ!オモチャが家には沢山ありますからっ!いいんです、これだけで!
(誰も責めてはいないが)

さて。。。クリスマスの話はこのくらいにして

息子がすごいっていうのを書いておきます(→たぶん1才11ヶ月だったら普通かも、という思いもよぎるが)

アンパンマンを探せ!の本

上にリストアップされているアンパンマンキャラと同じキャラクターを、
下の絵から選ぶことができます。

私よりも探すのが早かったり・・・。

アンパンマンのテレビ、見たことないのにね。

数字が1から9まで認識できます。

数字プレートの上に、
数字の磁石を並べてます。
数字

トランプでも、
1~9の数字を私がランダムに言ってピックアップするようにお願いすると、
選び出すことが出来るのと・・・

街中でも自分で知っている数字を見つけると指差して、その通りに発音します。

そして時々、「4、5、2・・・!」と口づさんでいます。順番はばらばらですが。

一番お気に入りの数字はなぜか 5 です。
分からない数字は、全部 5 といいます。

パズル

パズルは12ピースのものをスラスラやってしまいます。

絵を覚えているのか・・・
ピースの形を覚えて位置も覚えているのか・・・

本当に器用です。(私に似ず)

ひらがな

本の読み聞かせを寝る前に必ずするのですが・・・
なぜか一番最初に覚えたひらがなが 「ん」 です。

「ん」を発見すると「ん!」といいます。

そして最近は「い」も分かるように。

なぜ「い」なんだ・・・・

こうして徐々に日本語を覚えていくのですね。

英語

フォニックス(アルファベットの読み方)が分かってきました。

先日 キッチンの「clen up」の「p」をみて「パッ」と発音してました。びっくり。

「B」を見て「ブッ」と言ったり。

まぁ・・・ フォニックスを覚えるよりも単語を覚えたほうが早い気がしますが。(どうなんだろ)

そして何よりもびっくりなのが、

英語の絵本の一部のフレーズを暗記しています。

「Ronny Rabit Rocket goes Zoom Zoom Zoom」というようなフレーズが、5・6個あるのですが、

最後の部分のZoom Zoom Zoomがどのフレーズに続くのかを暗記して発することができます。

私が「Ronny Rabit Rocket goes」と前振りを言うと、
息子は「Zoom Zoom Zoom」と言い、

他のフレーズの前振りを言うと、
キチンとそれにあったフレーズを後ろに続けるのです。

本当にビックリ・・・。
どうやって聞き取っているのでしょうか。

かなりのスピードで言っても、それを聞き取って、適切なフレーズを後ろに続けます。


子供の力、無限なり

私が制限を無意識にかけることのないように、
彼の力を伸ばしてやりたいです。

彼にとって one piece が unlimited peaceになるように。


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://aki091107.blog84.fc2.com/tb.php/175-0c5b8136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック