FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life
英検準1級、合格しました(1級じゃないよ→よっぽど引け目を感じるらしい)

2次試験の面接は38点満点中、満点でした。
これでやっと少しは日常英会話ができるって言えるようになった気がします。

当日は45分間寒い廊下で待たされたので、
少しイラッとしましたが・・(→せっかち&短気?)
その感情をうまく隠す事ができました。(→むしろ英語力よりもポーカーフェイス力)

英検サイトによると、準1級は「大学中級レベル」との事。


・・・・そ、そうなんだ。


で、1級レベルは「大学上級レベル」と。


・・・超適当。分かりづらい。

レベル別の英語技能によると
準1級は
「社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用する事ができる。」レベル。

で、1級は

「広く社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用する事ができる。」レベル。

・・・ほぼ変わらないってこと?(笑)


まぁ、、、英検批判はさておいて・・・


満点を取ったからって偉そうに・・・言うわけじゃないのですが、

「英語を話すようになるために」はどうしたらいいのか、という事について書いてみます。

いつも思うのですが・・・

大前提として、
日本語レベル(母国語)のほうが遙かにレベルが高いので、
日本語レベルで考えた文章を英語にするのはとても難しいのです。


それよりもまず、

Step1:自分が見かけた英語表現の中で、「これ、使えそう」と思った表現を書き留めておきます。

私は「使いたいフレーズ集」というノートを作ってます。
note.jpg
こういうノート、大学生の頃も作ってました。

あらゆるテキストや問題集の中から、
「この表現かっこいい」「これ、使えそう」「あ、こんな場面で使えそう」とか、
そういう表現を見つけたらまずメモしておきます。

Step2:その表現を使って「自分なりの」文章に書き換えます。

Step3:それを実際に口に出して(もしくはE-mailなどで)使ってみます。

この繰り返しで、表現が定着し、そして自分が言える表現が多くなり、
その表現自体も簡単なものから複雑なものへと進化していくのだと思います。

例えば、TOEICのPart7(長文問題)を解いていたらこんな文章がありました。

「I am writing to thank you for your excellent help
in organizing accomodations for The Davenport Symposium group」

(Davenportシンポジウムのグループのための宿泊施設の準備で、素晴らしいお力添えに感謝いたしたく
手紙をお送りいたします。)

お、これE-mailで使えそうじゃないですか?

I am writing to thank you for your excellent help in ~ing」で
「~する際の、素晴らしいお力添えに感謝いたしたく手紙を送ります」という表現。

メモメモ。

例えば、
I am writing to thank you for your excellent help in organizing the next meeting and
preparing for the agenda for us.
(ミーティングの設定と、そのアジェンダを用意する際の、
素晴らしいお力添えに感謝いたしたく手紙を送ります。)

のように自分流にアレンジ。手紙じゃなくても、E-mailの文章としても使えますよね。

こうして、

「いきなり自分で難しい文章を作ろうとせず、
できあいの物(表現)をアレンジして自分流に使うこと」

が、一番てっとり早い気がします。

さて・・・

先ほどThe Japan times で「Wall Streets still values taking risks」
(アメリカの投資会社は、いまだに、リスクを取ることに価値があると考えている。)

という文章がありました。

value ~ingで「~することに価値があると考える」という表現。

valueって、「価値」という名詞だけの使い方ではないって事ですね。

私なら・・・

I values playing with my son rather than studying english.
英語を勉強するよりもむしろ、息子と遊ぶほうが価値があると考えます。

と使います。

ということで・・・昼寝を3時間もしている息子をそろそろ起こすとします。







スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://aki091107.blog84.fc2.com/tb.php/171-4b5423c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック