FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life
10月14日(日)英検を受けに行きました。

英検・・・1級じゃないっす、準1級です・・・
実は、準1級持ってませんでした、ハイ。

講師のくせに・・・ね・・・ハイ、すみません・・・。

2年前、

「準1級は2級と比べて一気に難しくなる。準1級なんて、無理無理無理!!」
と言っていたのを思い出します。

今は、過去問題を解くと、長文読解は満点を取れるまでになっています。

あぁ・・・人間の成長って素晴らしい。

それにしても英検って・・・
TOEICと比べると何かとても適当に実施されている印象を受けました。

受ける教室は指定されているけど、座る場所はどこでもOKだし・・・

試験管が、廊下に出て、
なにやらおしゃべりしてるし・・・。ありえない行為です。

そして時間配分もなんか適当。

筆記が90分、
その後約30分のリスニング、という構成ですが、

筆記の90分後になぞの約5分の空白の時間があり、
「筆記の時間は終了」と言われているので、
私はリスニングの問題(選択肢)を眺めていました。

事前に選択肢を見ると、どんな内容が話されるのか予測がつけられます。
その空白の5分でかなり助かりました。

本日、インターネットで解答発表がありましたが・・・

エッセイの14点以外でなんとか合格点ラインになってました。
エッセイが0点じゃないことを祈る・・・。
(レベルの低い話で・・・トホホ)

意外だったのが語彙が25点中満点だったこと。

準1級の語彙対策はしておらず、
1級の単語集(キクタン)はしていたのですが、

やはり大は小を兼ねる・・・ということでしょうか。
実際この準1級の語彙問題25問の中に、
3問は私の持っている1級の単語集に載っているものでした。

そして、リスニングは・・・
TOEICの空想の話(作り話)とは違い、
科学や社会や文化や技術の実際の話なので、正直かなり面白いです。

リスニングの勉強をしているつもりが、
あらゆる分野の事を学ぶことができます。

今回、
「中国での調査で、野菜を食べると太るというデータがでました。」という話が出題され、
実際は「中国では油を使って調理するからだった。」というオチがあり、
聞いていて面白かったです。

英検のリスニングの勉強にはちょっとハマリそうです。

さて・・・次は1級。
いや、その前に面接。

I want to pass it whatever it takes!
なんとしてでも合格したいものです。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://aki091107.blog84.fc2.com/tb.php/166-4d742a27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック