FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life
9月25日(火)に外国人講師を招いてスペシャルレッスンを行いました。

今回のお題は、
「What does he/she look like?」
外見を聞かれたときに答えられるようにしましょう!ということ。

外見というのは・・・
年齢・背の高さ・体系・髪型の情報です。

「彼女は35歳です」とは言えるけれど、「彼女は30代半ばです」とは言えなかったりしませんか?
(答えは・・・She is in her mid thirties.です。)

海外旅行で万が一スリにあった・・・強盗にあった・・・!という場合、
警察署に行ったら「どんな人がいたか?」とか聞かれるかもしれません。

このような状況は滅多にないにしろ、
外見の特徴くらいは言えるようになっておいた方が面白いと思います。


その一週間前には、
いつものように、みなさん準備レッスンで事前練習をしてから臨みました。

今回は、この事前練習がしっかりと出来ていたので、
外国人講師からいきなり、

「What does your husband look like?」と聞かれても十分に答えられていました。
すごい!

また、逆に
外国人講師のご家族の外見の特徴を聞くのも、みなさん上手に出来ていました!

上記で書いた以外の外見の特徴を現す表現のほかに、
肌の色(complexion)や瞳の色(pupils)の表現の仕方も学びました。

外国人講師は途中、
「瞳の色も大事な特徴の一つだ」と話していましたが、
日本人は瞳の色はだいたい黒か茶色なので、話題にはあがりませんよね。

ただ、確かに・・・
昔、外国人に

「気の瞳はなんて黒くて綺麗なんだ・・・・」と、

(口説きではなく)言われたことがあります。

瞳の色・・・
もし時間があったら自分の瞳の色、見てみてください(ってそんな暇じゃないって?)

いや、もし素敵な人に会ったら、
「Wow.. your pupils are beautiful black... 」といって、口説いてみてください。

って、そういうレッスンではないですね。

あ、ちなみに私の瞳は・・・

黒ではなく若干茶色でした(ってどうでもいい情報)
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://aki091107.blog84.fc2.com/tb.php/163-f1800fd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック