FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life
最近急速な息子の成長を感じます。

言葉の量もグッと増えました。

ジィジ、ママ、パパ、あーちゃん(バァバ)、
わんわん、ニャー(ネコ)、ブーブ、
電車、スイカ、ピッピ(鳥)、ブ(白湯)、
TV、アンパンマン、美味しい、イヤ・・・・

かなり微妙な発音ですが、
毎日一緒にいるとそれぞれの微かな発音の違いで判別できます。

物もだいぶ覚え、
絵カードのカルタもできるようになりました。

成長とともに・・・

明らかに自我や意思を持って行動し、
一生懸命毎日を生きているのを感じます。

自分の好きなことにはトコトン忠実。

自分で紙とクレヨンを持ってきます。
20.jpg
無心で何かを書いてます・・・

お風呂終了後・・・
22.jpg
玄関のボールを発見。(素足です・・・)

枕を寝床からリビングへ運び・・・
23.jpg
テレビを見てます・・・

怖いことにも興味があり

掃除機を
18.jpg
恐る恐る触ってみたり。

そして時には面白い行動を起こしてみたり・・・

引き出しの中があらされ、
24.jpg
いつの間にか缶詰でタワーが出来上がっていました。

He makes erratic behavior like this.
But he was not out of controle yet.
このように、とっぴな行動に出たりしますが、まだ手に負えないという事はありません。

とっぴな行動の裏に、
子供の発想力や可能性は無限だとつくづく感じます。
一緒にいるだけで面白いです、ホント。

そして毎日が感動で溢れています。

自分がとってもいじるのが好きな車の鍵を、
私が運転する時にはきちんと返してくれたり。

私がお風呂から出て着替える時には、
そばに座って待っていてくれたり。

出かける時にはお片づけができ、
靴を履かせてもらうのを玄関で座って待っていてくれたり。

出来るようになる事が日に日にどんどん増えていきます。
ちょっとした事でも、とても幸せに感じます。

ただ・・・

私がいつも思うのは、

自由に生きているように見える子供でも、
まだ彼らにとっては制限された世界の中で
我慢しながら頑張って生きているということ。

言葉が話せない為に自分の意思が伝わらない。

体が未熟で自由に動けない。

大人のペースに合わせる為自分の意思通りにはならない。

そんな中で子供は子供なりに一生懸命生きています。

保育園に息子を迎えに行くと、
大きな叫び声をあげて泣いている子供を見ることがあります。

きっとこの子は親のいない所で精一杯戦ってるのだ、と。
親の知らないところで精一杯生きているのだ、と感じてなりません。

私も保育園で

「息子さんは今日はよく泣いてました」と聞くと、

私の知らない所でこの子は戦っていたんだと、
1歳半に課すには大きすぎる苦労を与えているのではないかと、
とても切ない気持ちになったりします。

今日は午前中から友人の家に行き、
帰ってきた17時にご飯も食べずに寝てしまいました。

今日くらい、

夜中に起きたって、
夜中にご飯を食べたって、
朝早く起きたっていいじゃない。

私のペースではなく、
息子のペースで・・・

このまま寝かせてあげようと、
可愛い寝顔を見ながら思うのでした。











スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://aki091107.blog84.fc2.com/tb.php/157-bced357b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック