FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life
本日、担当させていただいていた某出版社主催のTOEIC600点対策講座を終えました。

3時間×3日間、計9時間というのはやはりとても短いですね。
本当にあっという間でした。

数ヶ月前に実施した企業向け研修の時よりも、
だいぶ自分のティーチングも改善されているように感じますが、
新たに課題も見つかりました。

まず1つとして、、
9時間という時間の使い方について。

講座時間を与えられた段階で、
どのような内容に重きを置くかを考えてスケジュールを立てる訳ですが
9時間という時間は全パートを網羅する事を考えると短く感じます。

しかし9時間という短い時間の中でも、
もっと効果的に時間を使う方法があった気がします。
(まぁ・・・これは永遠の課題でもある気がしますが。)

このコースは、最後にIPテストを設定されていたこともあり、
すぐにでも役に立つ情報をお伝えしようと考え、

なるべく多くの問題を解く事で、多くの問題パターンに触れ、
どんな問題にでもすばやく対処できるような力が身につくようなスケジュールを立てました。

TOEICのスコアをUPさせるには2つの力、

1つは 「英語力」

2つ目は「情報処理能力」(瞬時に正確に問題を解く力)が必要だと言われていますが、

この講座では、
主にこの「情報処理能力」をグンとあげ、
本来持っている英語力を100%スコアに反映できるようしようというのが狙いでした。

TOEICの200問をこの「情報処理能力」の欠如により、すべてを解き終わらない場合もあるため、
自分の英語力をスコアに100%反映できていない事が良くあるのです。

しかし、今回の講座の反省点としては、

多くの問題を解けたのは良かったのですが、
多くの問題を解く時間を確保した為に時間がおしてしまい、
受講生とのやり取りが減り、
理解度を図りながら講義を進める事があまりできなかったという事です。

一方的な解説になってしまった部分もあったので、
きちんと正確な情報が伝わったか、
受講生が納得したうえで進められたかというのが心配な点です。

英語力を上げる事が目的であれば、
「いろんな問題を解いたからなんとなく力がついた気がする」という、
ぼんやりした状態で構わないのですが、
(英語力がついたぞー!!って一日ではハッキリわかるものではないので)

情報処理能力を上げる事が目的であれば、
できれば各パートで抑えるべき点、
気をつけるべき点などがきちんと頭で整理されている状態が理想です。

そのため、
多くの問題は解けたけれども、
それが原因で講義の焦点がぼやけてはいなかっただろうか、という事を
録音した自分の講義を聞いて客観的に判断する必要がありそうです。

そして2つ目の反省点としては、

「情報処理能力」を上げることに重きを置いたのですが、
9時間で英語力を上げることはできないとしても、

9時間の中で、
今後英語力を伸ばす事につながるようなメソッドをもう少し盛みこみたかったという点です。

講座が始まった日から1ヵ月後にIPテストが設定してあり、
そのIPテストでなんとしてでも結果を出し、その結果がよければもうTOEICを受ける必要がない、
英語力を上げる必要はないというなら「今後」の事を考える必要はないと思うのですが、

おそらくそういう受講生はいないでしょう。

そう考えると、やはりもっと先を見据えて、
各パートでやるべきトレーニングなどを一緒に講義中に行い、
講義が終わっても独自がそのトレーニングを活かし、英語力を上げていけるようなプロセスを
体験したり、説明しておくべきだった気もします。

ただ、受講生にそのトレーニングの意図やスコアを上げる事とそのトレーニングの関係性を説明しないと、
効果は薄くなりますが・・・。

でもやっぱり、

「問題を多く解く=時間を問題を解く事で費やされる=英語力UPのトレーニング時間がなくなる」という図式は
変わらないわけです。

今回は英語力UPのためのトレーニング時間を省略してしまったので、
別途「TOEICの勉強の仕方」をまとめた資料を配りましたが、
一番の理想はやはり、実際にトライし、体感してもらうことです。

問題を多く解くのであればそのメリットを、
問題を少なく絞るのであればそのメリットをきちんと講師側が理解して、
講義に反映させる必要がありますね。

時間があればすべてを盛り込む事ができますが、
9時間では難しかったです。

限られた時間の中でも、
「問題を多く扱いながらも、今後に繋がるトレーニングもできる」という、
効果的な方法があるでしょうか・・・ん~・・・思いつかない。

それともこのロジカルが間違っているのでしょうか・・・。

他にも、話し方やテンポ、言い回しなど反省点は多いです。
貴重な経験として今後に活かしたいと思います。

今回も最終日にアンケートを取らせていただきました。

講義は満足するものでしたか。

とても満足 42% ほぼ満足 58% どちらともいえない 0% やや不満 0% とても不満 0%

講師の教え方は

非常に分かりやすかった 72% まぁまぁ分かりやすかった 28% どちらとも言えない 0% 
少し分かりづらかった 0% 非常に分かりづらかった 0%

今後機会があれば、また同じ講師の講義を受けたいですか。

ぜひ受けたい 42% まあまあ受けたい 58% どちらとも言えない 0% 
あまり受けたくない 0% 受けたくない 0%

また、以下のようなコメントもいただきました。

ポイントが絞られていて分かり易かったです。

もっと長期で受講したかったです。
特に目からうろこ情報を沢山教えていただきました。

各種TOEIC教材には無い話が沢山聞けた事は自分にとって有益だった。


仕事をいただくたびに毎回感じますが、
経験は講師業にとって財産だと感じます。

私の講義を受けた方々にとって利益になるよう、
地道に精進して参ります。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://aki091107.blog84.fc2.com/tb.php/156-2b61a763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック