FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life
TOEIC受けに行きましたが、
行きの電車が30分の遅延・・・・

12時20分の受付時間を過ぎてもテストが受けられるって知っていたので、
私は全く焦りませんでしたが、

全く人が歩いていない・・・
12-06-24_003.jpg
遅延でみんな諦めて帰ったのだろうか。

しかも・・・・超田舎・・・(→遅延とは無関係)
12-06-24_002[1]
妊婦の時に歩いた時はネギのにおいがきつかったなぁ。


受験票にも確か、
12時20分を過ぎてからの入室はお断り、みたいに書いてありますもんね。

そりゃ、受けられるって知らなきゃ帰るわ。

「究極の模試」By ヒロ前田 には、
テスト受験当日までの流れまで説明されていて、

A:あの、受付に間に合わない場合は受験できないんですか、やっぱり?
B:まぁ、実際は5分10分遅れても大丈夫だよ。

というやり取りまで載っています。

ちなみに私は、、、到着したのが確か12時35分前くらい。
35分から45分の全体の休憩に入ってしまうと、女子トイレは行列なので、
遅刻していきながらもトイレを済ませてから受付しました。

それにしても今日は暑かった!
汗をかきながら到着し・・・・・
部屋はクーラーが効いておらず、さらに汗だく。

どうやらクーラーの稼動音がリスニングの妨げになるのを防ぐためらしいが・・・

全然集中できなかったよぉーーーーーー!!
汗だくーーー!!!(絶叫)


もうね、途中汗が体中から放出されるのが分かるくらい。
途中、リスニングパート4で3、4問諦めましたよ(泣)

あぁーーーー ランニングで行けばよかったっ!(→女子力ゼロ)

今回はスコアアップは間違いなく期待できず・・・はぁ、あ。
精神力を鍛えなきゃだめだな。

そうそう、さっき「たて×ほこ」がやってました。
最強といわれるもの対決、のテレビ番組。

なんでも壊せる鉄球 VS なんに対しても壊れない鉄壁。

熱い対決でした。

最近、、TOEIC含め、英語関係の指導に熱い自分がいます。
やっぱり、英語も面白いのですが、
それ以上に「教えること」ってもっと面白いのです。

客観的に見るとそんな熱い自分が恥ずかしくもあり、
熱さを人に強制してしまってはいけないと思ったり。

でも・・・
きっとこのような物を創造するプロフェッショナル、職人たちは、
恥ずかしいとか、そういうの無しに・・・・

この鉄球の機能を磨くには・・・

と常に

鉄球、鉄球、鉄球、鉄球と、

頭の中は鉄球でいっぱいで、躊躇することなく追及してきたんだろうなぁ。

人から見れば「なんでそんな事に熱くなれるの?」と言われる小さなこと、
大したことないこと、価値が分からないものでも、
極めれば一流。
追求すれば一流。

この番組を見ながらそんなことを考えてました。
鉄球にだって熱くなれる・・・かっこいいじゃん?

最近、私はこの熱さが空回りする事がありますが、
それでも情熱は失うことなく、
いつまでも追求し続けます。


で・・・・

鉄球と鉄壁、どちらが勝ったのでしょうか。
鉄球側のオーナーの、戦いを挑む鉄球をじっとみるあの熱い視線が忘れられずにいます。



スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://aki091107.blog84.fc2.com/tb.php/150-1d114ad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック