FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life
先日もうすぐ2歳になる友人と話していた時・・・

「男はある面で気が利かない。だから育児を任せるのは不安。」と話していました。

私の旦那は育メンであり、
私の父は育ジィであり、とても頼りがいがあるのですが、
確かに女性と男性とでは気の配り方に違いがあるように思います。

Is the way of thinking like above called prejudice?

友人と私が一致したのは

「男は暑い寒いが分からない」ということ(笑)

子供がメチャクチャ寒そうにしているのに無関心だったり。
服が濡れていて寒そうなのに無関心だったり。
暑いだろうに上着を脱がせていなかったり。

気づいているけど面倒なだけですかね??


男性と女性の違い・・・については、
子供達に囲碁を教えている私の友人とも話題になりました。

「男の子は純粋で、まっすぐ。あれこれと深く考えないから才能を伸ばしやすいのかも。」と。

言われてみればそういうのあるかも。
よく観察してるな~、友人よ。さすが。

正直・・・・・・
男性のお客様より女性のお客様のほうが難しかったりします。

その子が言うには、
「世の中の成功した人たちは男性が多いのはそういう理由も一つとしてあるんじゃないか。」とも。

私は子供を持って仕事をしてみて、いかに女性が働きつづけるのが難しいのか分かりました。
世の中に女性がまだまだ進出できない現状が、
世の中に女性の成功者を多く輩出できない主な理由だと思っていましたが、
友人の言うのも一理ある気がします。

余計なことを考えずにまっすぐ突き進むことができたら才能は伸ばせる気がします。

「本当にこの学び方でいいのだろうか」
「他の人と比べて私は伸びていないから私は向いてない。諦めるべきなんじゃないだろうか」
「この勉強をやっていても無意味なんだないだろうか」

時には振り返って検証する必要もある気がしますが、
たいていの場合その思考自体が無意味。

文句ばっかりいってる人や、疑心暗鬼な人、
ネガティブな人は伸びないですよね。

「私はこういうやり方じゃないと伸びない」

こういう柔軟性に欠けた考え方も、成長を止める気がします。
その人に能力があるかないかがすべてではない、って事ですね、きっと。

年齢を重ねて、経験が増え、知識が増え、自分というものが確立できる時こそ危ないです。
いつまでも柔軟な考え方の持ち主でいたいと強く思う今日この頃。

とはいってもやはりネガティブな気持ちがよぎる。
だからこそ、それを払拭するために「合格!」とかって一筆書いて壁に張るんですよね。

今日も私は
「悔しかったら勉強しろ!」と手帳に書き込んだものを見返しながら
頑張って勉強します。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://aki091107.blog84.fc2.com/tb.php/141-f8825c49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック