FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life

本日9月29日(日)183回TOEICを受験してきました。

今回から受付時間が12時20分までだったのが、12時30分になって、
その後の休憩時間がなくなりましたね。

電車を一本遅らせたら、案外ギリギリに到着することになり焦りました~。
次回は余裕をもって行く事にしますっ。

今回はメジャーフォームでした。

私の個人的な感想はこんな感じ。


Part1 難

ちょっとビックリしました。難問がいくつかあったと思います。

Part2 普通

そんなに難しい問題はなかったはず。
ただ、やっぱりPart2って・・・聞き取りづらいです。耳が悪いのだろうか・・・。
(→耳のせいにする私)

Part3 普通

Part4 普通

リスニングPart3/4に関しては・・・
先読みした時点で、なんとなくストーリーが読めてしまう感じでした。

3つの設問の答えを予測しながら聞くのですが、
結構その予測した答えが当たってました。

自分のTOEICマニアック度が上がっている事にビックリ。

Part5 やや難

あぁ~~~・・・・
数問落としました。

collaborative effort・・・
このようなコロケーションは、日々どのくらい英文に触れているかにかかっている気がします。

私はconsecutive effortにしてしまいました・・・。なんか・・・ありそうじゃないですか??

Part6 易

Part7 易

そこまでトリックのような問題はなかった気がします。

とはいえ、やっぱり読解速度が落ちています。残った時間はたったの5分でした。



やっぱり満点までの道は厳しいです。
リーディングは1問落としたら終わりですから・・・。

以前どこかで「英語力が決めてにはならない気がする」と書いた気がしますが、
訂正します。

満点かそうじゃないかは、明らかに英語の実力の差。

思い知らされました。

TOEICの為の勉強ではやっぱり駄目ですね。

英検1級に合格してから新聞を読まなくなっていましたが、
再開します。

イチから英語の感覚を磨き直します。



2013/09/29(日) 22:35:36 | TOEIC関連 | トラックバック:0 | コメント:0
スポンサーサイト



一口飲む:ship

Yesterday I and my son was drinking water at the same table.
He was drinking it with his plastic cup as usual. I was drinking one with my glass.
Why different? I played a safe because he risked breaking a glass.

However, the water in the glass might have looked more delicious or something.
He asked me “Let me sip yours!

Although I explained it was the same as his, but he didn’t listen to me.
Then he abruptly dropped the grass…
That was what I expected!

Anyway, I will play it a safe differently. I will avoid drinking in front of him.
2013/09/14(土) 15:04:10 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
将来に制限をかける:put restrictions on one's future.

There are two theories about humans.
One is the theory that the humans are naturally good. However, we will learn many things,
behave in cunning ways and come to get crafty.

The other is the theory that the humans are naturally bad.
However, we will learn many things, behave appropriately, and come to know how to be generous.

Which side are you on?
Actually, I agree with the former, considering my son.
I’ve closely watched him, since he was born.
There is no doubt that he is totally pure and it makes me remind of what is important.

When I take time to cook for him and garnish it with something special,
he says “Wow, it looks so yammy…!”
Who says that from the bottom of their heart, seeing their mom’s dishes?
I’ve never heard that from my husband…!! Those words really encourage me.

When I ride a bike with my son, he feels breeze and say “how comfortable the breeze is.”
I no longer feel like that because it became used to it.

It might be the parents who put some restrictions on their futures.
Can I leave his pure mind intact?
I hope he will say the same compliment about my dishes when he gets older.
2013/09/12(木) 15:08:44 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
功績を認められる:take credit

Tokyo was elected as a host of 2020 Olympics a few days ago.
It might be the biggest news in this year.
It will be held 7 years later from now.

I was just wondering what I would do in the year.
Looking back to the past, I did a lot of things I didn’t expect the past 7 years.
I really don’t know what I would be and do 7 years later.

Anyway, now an announcer who made an speech about how much deserve Tokyo was for the Olympics
is drawing attentions and regarded as a role model.

She delivered the speech in French and talked about one of the Japanese culture we are proud of.
This was “OMOTENASHI”. It is a Japanese expression which indicates a kind of spirit.

She slowly said this word with a gesture and continued explaining the term in French.
I don’t know French, but I understood she skillfully sometimes left her voice
and changed the pitch of speech.
When she emphasized something, she slowed down the speech and smiled.

There is no doubt that she is a professional speaker.
I’m impressed by her regal posture and
it is totally right for her to take credit for one of the reasons of this success.

2013/09/11(水) 15:14:43 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
人生を省みる:reflect on my life

There was one thing which made me sad in summer.

One of the benefits that I built my house here with my husband was that there was a park near my house.Actually, I didn’t consider it a benefit at first because I didn’t know it could be a benefit
until I gave birth to my son.

However, as soon as my son was born, the park helped me a lot.
I sometimes went there in the daytime with my small son to take breaths of fresh air,
distract the crying baby’s attention, and get rid of my stress.

Since nobody was there in the day time and it was a very quiet and peaceful place.
The park came to be one of my territories.

It was a few weeks ago when I got notice that the park would be destroyed to build something.
Apparently the landowner sold the property to a company.

Now there is nothing there and my son murmurs “swings were gone…”
whenever we pass over the empty lot.

Ah… one of my wishes was supposed to be to reflect on my life alone in the park when I got older. However, it is not possible to live out my dream anymore.
2013/09/10(火) 15:38:19 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
9月6日(金)に「女性の為のTOEICセミナーを開催」しました。

このセミナーは、もともとは私の講師仲間が開いているセミナーで、
今回お声掛けをいただき、一緒にやらせていただく事になりました。

特に、どこかの会社が行っているセミナーではなく、
その講師仲間の方が個人でやられているセミナーだったので、
集客に不安があったのですが・・・

私の友人経由で申込みがあったり、
講師仲間が参加してくださったりと、
人脈の大事さを痛感したセミナーになりました。

本当に皆さんありがとうございました。


今回私が担当させていただいたのはPart2。
1時間程度でしたが、こんなに緊張したセミナーは初めてかもしれません。

私よりもっと講師経歴が長い講師の方も見ているわけですから、
そりゃぁ、緊張しますよね。

前日には噛まないように、1時間独り言のように1人レッスンしてみました。

今回一番反応を見たかった個所で、好感触な反応があった事は大きな収穫でしたし、
自分が女性目線として語れる事が多いことにも気が付きました。

また、他の講師の方も受講生として様々な発言をしてくださいましたが、
やはりそれもとても勉強になりました。


ただ、最後に・・・
受講生から「TOEICで本当に英語を伸ばせるかが疑問です」と言われました。

答えはもちろん「YES!伸ばせます!」なんです。
だって、そもそも英語が聞けない・読めないでは、絶対スコアはあがりませんから。

ただ、

疑問に思わせてしまうほど、TOEIC戦略を中心に話してしまったのだと反省しました。

おそらく、「なぜ戦略を中心に話すのか」を話、
「英語を伸ばすならTOEICはどう使えるのか」を途中はさむべきだったのでしょう。

やはり、
そのセミナーの目的を、冒頭に簡単に確認しておくべきでした。


あとは・・・

そうした質問にもスラスラと信念をもって答えられるようにならねば。

私はTOEICに英語力だけではなく、精神まで鍛えてもらってるのだから。

「きっと点数があがればその楽しさが分かるよ」という言葉以外にも
説得力のある言葉が出てくるような先輩講師のようになりたいと思うのでした。



2013/09/08(日) 14:58:27 | TOEICレッスン | トラックバック:0 | コメント:0
だいぶ経ってしまいましたが・・・

8月25日(日)に講師のためのTOEICセミナーへ行ってきました。
旦那が夏風で発熱続きでしたが、なんとか平熱に戻ったので息子を預けて行ってきました。

ちなみに・・・
私はスーパーミラクル方向音痴女子なので、
ほぼ100%といっていい程、人に道を尋ねないと、行ったことの無い場所に辿りつけません。
が、今回、旦那さんが前夜に病み上がりの体で道を地図で詳しく説明してくれたお陰で、
誰にも聞かずに辿りつけました!(→奇跡)

本当に頼れる旦那さんです。
以前、道に迷った時には、通りすがりの人もいなかったので、
家で息子を世話している旦那に電話して道案内をしてもらったことすらあります。
「我が家にも頼れるクロエがいるような感覚(アメリカドラマ24より)」でした。

さ、本題です。

今回はTEX加藤先生による超初級者TOEICレベルでのPart3/4/7の授業の進め方のセミナーでした。

単語も分からない、音も拾えない初級者の生徒さんを、
どうやったら「やる気をそぐことなく授業できるのか」という事に焦点を当てた内容でした。
ちなみにこれ、私が事前にセミナー主催者にリクエストしていた内容でした!本当にありがたいです。

TEX先生のセミナーは、いつもとても内容が充実しているだけではなく、
いつも実例が豊富でとても面白いのです。

例えば、「英語を聞き取る(リスニング)には、必要な要素が3つある」という話。

1)単語力、2)発音、3)スピード という3つの要素を挙げて、
この3つに則したレッスンをしているようです。

で、発音がなぜ大事かというお話を生徒にする時と同じように実演してくださいましたが、
「occupyをオカピーと読んでいた生徒がいました(大学生)」とか、
「severを背びれって読んでいた人もいました(大学生)」とか・・・
そう読んでいたら確かに英語は聞き取れないわ(笑)

こういった実例は、教授経験が豊富で、なおかつ生徒さんと信頼が取れているので、
ちょっとした笑い話として紹介できるのでしょうね。


今回学んだ事は沢山ありましたが、1つだけ記述しておきたいと思います。

Part3/4/7での正解までの細かいアプローチ

初級者レベルの生徒さんでも、自力で正解を出せるような授業の組み立てや解説が素晴らしいです。

生徒さんに少しでも「自分でできた感」を感じてもらうためだそうです。
細かいステップをいくつか踏んでから問題に取り組み、解説する手順が巧みに練られていました。

どうも手取り足取り詳しく説明しすぎると、
逆に「自力で解いてない感覚」になってしまう事を懸念して、
自力で解かせる部分が多くなっていた気がします。

もしくは、つい、「ここまで言えば分かるかな」と思ってその説明を省く癖があるような気がします。

全ては授業の組み立て次第なんですね。
いつもは正解までのプロセスを、ステップを1つで済ませてしまうような箇所を、
3つくらいのステップに分けるくらいが丁度いいのかもしれません。


何事も一歩づつが大事ですよね。
「急がず焦らず」の精神を指導者が失くしたらいけないと思うのでした。

2013/09/05(木) 08:42:25 | セミナー | トラックバック:0 | コメント:0