FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life
tacitly:なんとなく

Who do you think is a good teacher?
This is an eternal theme for me until I quit teaching English.

There seems to be various kinds of factors which are included in "a good teacher".

Rectnly I realized one thing.

What I think everyone already knows is not always what they know in reality.
They tacitly understood English grammar points to some extent,
but they couldn't explain certain grammar crealy and make use of this grammar.

So as a teacher, I noticed that I should dare to explain what might be already
known by my students or not new for them in order to confirm how much they understood it and make up for the lack of their knowledge if necessary.

2013/02/27(水) 15:57:26 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
スポンサーサイト



inspiration:憧れの人

I attended the seminar that was held for teachers last year.
I met a person whose English was awesome even though she’s never experienced learning English in western countries. Of course, it must be the outcome of her everyday efforts.

She is an inspiration to me and maybe to others who study English.
I’m looking forward to meeting her on next Saturday.
I’m sure that I will be encouraged by her again.

2013/02/26(火) 15:37:03 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
looking back:振り返ると

Looking back, I’ve never bought any accessories for myself.
All my accesories are given by someone as presents.
However, every accessory is of course very important.

I always ask my husband to repair the accessories
and use it again even though they were broken.

Recently, I lost my important picered earings... I can't find it anywhere.
Of course, I can't repair it and use it anymore.

OK, I will ask my husband to buy a new one instead on White day.
2013/02/25(月) 21:19:20 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
to get closer to achieving one's dream:夢に近づくために


To get closer to achieving my dream,
I am attending a four day long seminar, six hours per day,
which is held on two weekends spaced two weeks apart.

The seminar is held for English teachers in the same month every year.
Actaully I attended it last year.

There were many renowned teachers from all over Japan in the seminar again this year
and I was seemed to be out of place a bit since I didn’t have any titles
except “normal English teacher”.

I was very inspired and motivated by other intelligent teachers.
At the same time,
I was devastated by them, because I realized while I was talking with them that
my English ability was poor and I had a shallow knowledge of teaching skills.

However, I won't give up on improving as a teacher.
All I have to do is challenge myself.
2013/02/21(木) 14:49:55 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
get around to:やっと~する

やっと新聞を読む時間を見つけた。
この投稿を書いた後に、読むことに集中するぜよ!

I just got around to reading a newspaper.
After writing this post, I will concentrate on reading it!

2013/02/19(火) 22:11:22 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
be good with one's hands/ have a manual dexterity:手先が器用

私は何をやっても不器用。他の人より何かこなすのにずっと時間がかかります。
一方旦那は手先が器用。
太い指先にもかかわらず、巧みにそして早く細かい作業をこなします。

幸運にも、息子は彼から手先の器用さの才能をもらったのです。
細かい作業が本当に好きだし、写真で分かるように、手に沢山のボールを持つのが好きなんです。


I’m clumsy whenever I do something. It takes me much more time to do some things than other people. On the other hand, my husband is good with his hands. In spite of his thick fingers, he can adeptly and quickly deal with detailed work

Fortunately, my received the gift of manual dexterity from him!!
He really likes detailed work and likes holding many balls as you can see it in the picture.

ball1.jpg

ball2.jpg


2013/02/15(金) 15:31:47 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
明日天満さんにおそらくお会いするだろうという事で書くわけじゃないです。
(→最初から言い訳)


この本、数日やっただけでこの記事を書きたい衝動に書かれたんです、本当に。
だって・・・

TOEICの模試本以外に、こんなに疲れるTOEIC本、おそらくありませんよ。
TOEIC.jpg
それがこれ「2ヶ月で攻略 TOEICテスト900点!」です。

1年前、天満さんに初めてお会いして、超一流TOEIC講師が集まるセミナーの中で、
私は天満さんに

「Part7で行き詰っているんです。どうしたらいいですか?」という超素人的な質問をしました。

「え・・・?TOEICの勉強してはるんですね。えらいわぁ。」と第一声。

「ある程度のレベルに達したらTOEIC的な勉強じゃなくて、
英字新聞や洋書などの英語に接しながら英語力を鍛えるべき。」という天満さんの考えでした。

今回TOEIC本を出版されると聞いた時、正直・・・
「われ、ポリシーと違うやんけ」(→関西弁、あってますか?)
と心の中で突っ込んでしまいました。

でも・・・
このTOEIC本を開いたら・・・・・・・・

天満さんのポリシーが強く反映されている事に本当にビックリ。というか、、感動しました。

つまりは

「TOEIC用の英語力を鍛えるのではなく、どこでも通じる英語力をつけて欲しい」という天満さんのポリシーが
この本にはギッシリ詰まっています。

ホント、心の中で突っ込んだ私の未熟さが恥ずかしいです。申し訳ありませんでした。
まさかこれほどまでに英語力UPを望んだTOEIC本が出されるとは想像すらできなかったんです。

900点に到達するには、真の英語力がないと取れないという事もあると思いますが、

それでも、こういった、
英語力をUPさせながらTOEICのスコアアップに繋げていく本、
テクニックやTOEIC問題の羅列ではなく、英語力をUPさせるトレーニングを入れたTOEIC本、
あまり見ない気がします。


今では本を開くたびに「これはスゴイ・・・」とつぶやいてます。


TOEICの指導者が、英語力UP+TOEICスコアUPを目指して毎回授業をするなら、
こういう感じになるだろうという内容がまさにこの本に詰まっているようです。


時間設定

各トレーニング事項に勉強目標時間が設定してあり、
まさに講師が隣で課題を出しながら、勉強時間とをマネージメントしてくれているような感じ。

「さて、今日は何に何分かけるべきか」と迷う必要が全くあります。
本を開いて従えばいいだけ。

トレーニング内容 その1

あえて・・・ 「問題の種類」と書かず、「トレーニング」と書きました。

そのトレーニングがすごい。
TOEIC本だからって、問題を解かせるだけじゃない!!

Part7のリピーティング回、Part3のリピーティング5回・・・って
何回口を動かせばいいんですかー!

これを2ヶ月続けたら明らかにTOEIC用の英語力だけでなく、
英語の発音・リズム・スピードを獲得でき、英語力そのものをUPできます、間違いなく。

天満さんからのアドバイスの細かさにもビックリ。
「子音と子音が重なる場合は、最初の子音の後半部分は聞こえなくなる事が一般的で・・・」と。

TOEIC用の英語知識だけだったら必要ありませんが、
「生の英語を聞けるようになって欲しい、生の英語に近い英語を話して欲しい」という
天満さんの願いが込められている気がしてなりません。

まるで天満さんの授業を受けているような感じ。それほどクオリティーが高いです。

トレーニング内容 その2

第1日目から内容にビックリしたのですが、
Part7、Part3ともに、
「1回だけ読み、聞き、内容をどれだけ把握できたか自分でまとめる」というトレーニングがありました。

TOEICの設問を答えられたか、ではなく、
自分でどれだけ把握できているかを問いているのです。

まさに真の英語力を試されているわけです。
本当にいいトレーニングだです。

「TOEICのリスニングは1回だけしか聞こえないのが嫌い。
実社会では聞き返す事もできるじゃない。」と生徒さんから言われた事があります。

どれだけ実社会で聞き返すことが許される事か・・・。
ビジネスで英語を使った現場であればスピードが命。
会議なんかで何度も聞き返していたら話になりません。

一発で細かい部分まで読めたり聞けたりできる事こそが本当の実力。

「TOEICの設問で問われているから聞ける、注目できる」のではなく、
まさに自分がそこの登場人物として話が聞けているかが大事なわけです。

その力を問うTOEIC本、本当にレベルが高いです。

ただ、一発で長文がしっかり細部まで読めたり、会話が聞けたりできれば、
それは言うまでもなくスコアアップにも繋がりますよね。

トレーニング内容 その3

Part3で設問があえて書いておらず、選択肢だけが書いてある問題があります。

設問が書いてないため、先読みができません。
どんな問いかけをされるか分からないままリスニングを聞く事になります。

これ・・・!!!!本当にいい訓練です。
大事なところを「自ら意識的に聞こう」とするからです。

「設問で問われているから聞こう」という意識ではなく、
そこの登場人物として「大事な情報だ」と自然にキャッチできる力を養っている気がします。

私は前々回から

「Part3、4は聞きながら文字(設問・選択肢)を追う事をやめて、
聞くことだけに集中」したら、リスニング満点が取れました。

それをやるまで
単純に、「聞きながら文字を追わず、聞くことだけに集中する」という勇気がなかったのです。

不安だから設問・選択肢に目を通したくなる・・・

ただ、リスニングだけに集中し、あとから設問・選択肢を見ても(問われても)、
意外と答えられるんですよね。

それを気づかせてくれるトレーニングでもあるような気がします。

あー この本にもっと早く出会えれば・・・と思えてなりません。


と・・・

本当にこの本に感動しきりでした。

本の分厚さに圧倒されますが、
逆に気合が入るってもんです!

毎日ページを開くのを楽しみにしながら取り組みたいと思います。

最後に・・・

「この本1冊を終えたとき、TOEICのスコアがアップするのはもちろん、
使える英語力もついているはず」という本の中の天満さんの言葉。

「ついているはず」・・・謙虚な言い方です。

いや、「つきます、絶対」。

2013/02/15(金) 04:43:42 | TOEIC関連 | トラックバック:0 | コメント:2
judge a book by its cover:外見で判断する

外見で判断するのはよくないけど
初めて会う人に対してあれこれ想像するのは仕方がないよね。

だから、自分の第一印象に注意すべきなんだわ。

Even though it's bad to judge a book by its cover, we can't help but make assumptions about someone when we first met.

So, we need to pay attention to our first impression.

2013/02/14(木) 14:58:12 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
cloudy:ぼやける

写真を接写しました。
だけど写真がぼけてます・・・

んー カメラが壊れてるみたい。

I took a closeup photo.
But the photo is cloudy...

Ummm,,, my camera seems to be broken.

2013/02/12(火) 22:07:28 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
coaching:指導

テレビを見ていたら、
乙武さんがコメンテーターとして、体罰はあっていいものなのかを問われ、
指導とは何かについて話していました。

彼は

”もし何かを指導するならば、
それはアドバイスや提案でなければいけない。

指導者のそのアドバイスや提案が、指導を受ける側(生徒)に受け入れられるかどうかは、
生徒次第であり、生徒が判断すべきである。

体罰によって強制的に指導通りに生徒を動かそうとするのであれば、
それは指導とはいえない。”と。

私は乙武さんの意見に大賛成。
彼の素晴らしい言葉に感動しました。


When I was watching TV,
Hirotada Ototake as a commentator talked about the definition of coaching when he was asked whether or not physical abuse should be allowed.

He said

“ When you teach something to your students or instruct them,
your coaching should be advice or suggestions.

It’s ultimately up to your students and your students have right to choose whether your advice or suggestions are accepted.

If you use the violence against the students to force them to do as instructed, your coaching cannot be called coaching. “

I can’t agree more with his comments about coaching.
I was moved by his impressive comments.
2013/02/11(月) 09:16:20 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
impeccable:非の打ち所の無い


3軒隣に住んでいる奥さんがいます。

朝6時の早い時間に仕事に出かけた時、
彼女の家の洗濯物はすでにキチンと干されていました。

保育園に息子を連れて行くときには、
私を含めた近所の人たちと共有のゴミ収集所の掃除をしていました。

保育園から帰ってくると、
美しく、色鮮やかに、整然と植えられた花々に水をやっていました。

そしてさらに、
驚いたことに、私がずーっと前に伝えた息子の誕生日を覚えていました。

彼女ったら、非の打ち所の無い素敵な奥様だわ!

There is a wife who lives three houses away from my house.

When I went to work early in the morning around 6,
the laundry in her house was already hanging in a orderly manner.

When I drove my son to his day care center,
I saw her cleaning up the garbage collection point
shared with the other neighbors including me.

When I went came back from the day care center,
I saw her watering her flowers which were planted beautifully, colorfully, and orderly.

In addition,
to my surprise, she remembered my son's birthdate which I told her a long long time ago.

Ummm
what a impeccable lovely wife she is!
2013/02/09(土) 22:36:43 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
私が英会話教室を開いているカルチャーセンターの講座開講ポスターを何の気なしに見たら・・・

TOEIC講座開講のポスターがありました。

そのTOEIC講座開講ポスターの写真に写っている先生、、、、
「ローマの休日」のようなDVDを手に持ってました・・・。

ローマの休日を見て・・・TOEICスコアアップを目指すのだろうか・・・。

I will cherish my visit here in memory as long as I live.

「as long asはTOEICでも出ますよぉ~要注意です!
で、オードリーが次に言う台詞は・・・と」みたいな?

ある意味興味深い・・・。

さて・・・

TOEIC結果、戻ってきました~。

結果は前回より5点UP。

リスニング:前回より-15点

①短い会話の基本的な文章を推測⇒Part1と2
100%→83%

②長い会話の基本的な文脈を推測⇒Part3と4 
話の要約が分かっていないとダメ。各問題の1問目に相当。
89%→100%

③短い会話の詳細が理解できる⇒Part1と2
95%→95%

④長い会話の詳細が理解できる⇒Part3と4
100%→95%


案の定 Part2でだいぶ落としています。
一瞬迷ったり、、、集中力がなくなって幽体離脱しているとダメですね。

ただ、だいぶPart3、4が安定してきた気がします。

Part2対策・・・と言っても何したらいいんだか。


リーディング:前回より+20点

①文書の中の情報をもとに推測⇒主にPart7
94%→100%

②文書の中の具体的な情報を見つけて理解⇒Part7
文中の情報を特定したり、ピンポイントの回答を見つけられないとダメ。
88%→100%

③複数の文書間で散りばめられた情報を関連付ける⇒Part6(語彙+文脈依存型問題)
Part7(Wパッセージ問題)
Part7(シングルパッセージの複数の情報を元に解を見つけ出す問題)
92%→100%


④語彙が理解できる⇒Part5 Part6(時制/品詞問題)
100%→97%

⑤文法が理解できる
⇒Part5
 Part6(時制/品詞問題)
92%→92%


Part6,Part7がかなり安定しました。

勝因はというと・・・おそらく・・・
Part7に60分の時間を残したことでしょうか。

先日横川綾子先生(Aya先生)と渋谷奈津子先生(Natty)先生のセミナーに出させてもらっとき、
Aya先生が、

「長文は一発で理解する気で読めっ。」と言ってました。(→男前ないいっぷりを誇張)

そして、

Aya先生はPart7に60分の時間を余らせておくと気持ちの余裕ができるともおっしゃっていました。

60分余らせる!!!??

やったことない・・・・!!

私は・・・
1問1分の計算で、Part7を47分前後あまらせようという気持ちでしたが・・・

Part5/6を14時までに(当日1時間あまらせる計算)やろうとすればできるもんだって事に気づいたんです!

っていうか・・・
60分あまらせようという意識、、というか発想すら無かった・・・・・・・・

60分残すと本当に気持ちの余裕が生まれて、
しっかり長文を読むことができたような気がします。

まぁ・・・
英字新聞を毎日読んでるとか、そういう他の要因もある気もしますが、

TOEICのスコアアップは、実はちょっとした発想の切り替えや解き方も直結するので、
ある意味楽しくもあり、怖くもあります・・・。

次回、1,3ミリシャーペン(通常より太めなマークシート用)でテストに挑みますが、
もし!!!
もし、これで満点取っちゃった日にゃ、

これが最終的な勝因だといわざるを得ないでしょう。


って・・・そんに甘くないっか!

シャープペンに頼らず、
シャープな目の付け所が本番に出来るように日々努力します。(→無理やりな日本語)





2013/02/09(土) 16:18:30 | TOEIC関連 | トラックバック:0 | コメント:0
give one's full attention to:全神経を集中させる

2時間のテストに全神経集中させるのってかなり大変だと思うよ。

なんのテストのこと言ってるかって?

そりゃTOEICだよ!

TOEICのスコアってのは、
英語力だけじゃなくあなたの集中力も測ってるのよ。

そう思わん?

I think it is rather challenging to give my full attention to 2 hour test.

What test am I talking about?

Of course, TOEIC!

Your score of TOEIC reflects not only your English ability but also your
the power of concentration.

Don't you think so?
2013/02/07(木) 22:29:33 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
care about ~ before caring about myself
:自分より先に~に気を配る

今朝雪が降ってました。

息子が泥道に一歩足を踏み入れるやいなや、
汚れないように彼を抱きかかえました。

最近、自分より息子に気を配りがちな私。

コートを見ると・・・泥だらけ。彼の泥の靴がくっついてたんです。

It was snowing this morning.

As soon as my son made a step toward a muddy ground,
I picked him up to prevent him from getting dirty.

Recently I tend to care about him before caring about myself...

Looking at my coat, it got muddy since his muddy shoose were on it...




2013/02/06(水) 14:37:42 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
Let me take that back:その言葉を取り消させて

I said to my son in the morning.

" You shouldn't cry when we separate in a day care center.
You are a storong boy, aren't you?"

However, let me take that back.

You can cry anytime you want now
because the time will come when you turn an adult and
have to hold back your emotions in your future.
2013/02/05(火) 21:50:26 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
interwining factor:複雑な要因

I got a result of TOEIC a few hours ago.
I missed 990(maximum score) again!

There must be a myriad of interwining factors why I can't get it...
2013/02/04(月) 15:08:44 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
become senile:ぼける

どこに時計を置いたか思い出せない・・・
ぼけたかな・・・!?

I don't remembere where I put my watch...
Did I get senile...!?

2013/02/03(日) 21:51:24 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
earthquake-prone country:地震多発国

今揺れを感じました。

日本は地震多発国。
いつ東京を襲うか分かりません。

東日本大震災以来自然の力を恐れています。
なめちゃいけません。

Now I felt the earth quake.

Japan is earthquake-prone country.

We don't know when the earthquake will hit Tokyo.

I have been teriffied of the power of mother nature since the Great East Japan Earthquake,

We shouldn't underestimate it.
2013/02/01(金) 23:21:46 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0