FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life
TOEIC受けに行きましたが、
行きの電車が30分の遅延・・・・

12時20分の受付時間を過ぎてもテストが受けられるって知っていたので、
私は全く焦りませんでしたが、

全く人が歩いていない・・・
12-06-24_003.jpg
遅延でみんな諦めて帰ったのだろうか。

しかも・・・・超田舎・・・(→遅延とは無関係)
12-06-24_002[1]
妊婦の時に歩いた時はネギのにおいがきつかったなぁ。


受験票にも確か、
12時20分を過ぎてからの入室はお断り、みたいに書いてありますもんね。

そりゃ、受けられるって知らなきゃ帰るわ。

「究極の模試」By ヒロ前田 には、
テスト受験当日までの流れまで説明されていて、

A:あの、受付に間に合わない場合は受験できないんですか、やっぱり?
B:まぁ、実際は5分10分遅れても大丈夫だよ。

というやり取りまで載っています。

ちなみに私は、、、到着したのが確か12時35分前くらい。
35分から45分の全体の休憩に入ってしまうと、女子トイレは行列なので、
遅刻していきながらもトイレを済ませてから受付しました。

それにしても今日は暑かった!
汗をかきながら到着し・・・・・
部屋はクーラーが効いておらず、さらに汗だく。

どうやらクーラーの稼動音がリスニングの妨げになるのを防ぐためらしいが・・・

全然集中できなかったよぉーーーーーー!!
汗だくーーー!!!(絶叫)


もうね、途中汗が体中から放出されるのが分かるくらい。
途中、リスニングパート4で3、4問諦めましたよ(泣)

あぁーーーー ランニングで行けばよかったっ!(→女子力ゼロ)

今回はスコアアップは間違いなく期待できず・・・はぁ、あ。
精神力を鍛えなきゃだめだな。

そうそう、さっき「たて×ほこ」がやってました。
最強といわれるもの対決、のテレビ番組。

なんでも壊せる鉄球 VS なんに対しても壊れない鉄壁。

熱い対決でした。

最近、、TOEIC含め、英語関係の指導に熱い自分がいます。
やっぱり、英語も面白いのですが、
それ以上に「教えること」ってもっと面白いのです。

客観的に見るとそんな熱い自分が恥ずかしくもあり、
熱さを人に強制してしまってはいけないと思ったり。

でも・・・
きっとこのような物を創造するプロフェッショナル、職人たちは、
恥ずかしいとか、そういうの無しに・・・・

この鉄球の機能を磨くには・・・

と常に

鉄球、鉄球、鉄球、鉄球と、

頭の中は鉄球でいっぱいで、躊躇することなく追及してきたんだろうなぁ。

人から見れば「なんでそんな事に熱くなれるの?」と言われる小さなこと、
大したことないこと、価値が分からないものでも、
極めれば一流。
追求すれば一流。

この番組を見ながらそんなことを考えてました。
鉄球にだって熱くなれる・・・かっこいいじゃん?

最近、私はこの熱さが空回りする事がありますが、
それでも情熱は失うことなく、
いつまでも追求し続けます。


で・・・・

鉄球と鉄壁、どちらが勝ったのでしょうか。
鉄球側のオーナーの、戦いを挑む鉄球をじっとみるあの熱い視線が忘れられずにいます。



2012/06/24(日) 22:27:43 | 日々の生活 | トラックバック:0 | コメント:0
スポンサーサイト



この人ご存知ですか?
11.jpg
知ってるって?

私・・・・つい最近知りました。

テレビを全く見ないので、どんどん時代に乗り遅れてるぜぇ~ 
ワイルドだろぅ?(→使い方あってる?)

さて、(サラッと話題を変える)

最近の息子についてをまとめておこうと思います。
いやー ずいぶん育児がラクになりました☆
乳児のころは毎日大泣きだったので、それに比べたら遙かにラク!

それに言っている事もだいぶ伝わるようになってきたので、
そのやり取りが本当に楽しいです。

保育園に自転車で行くので、
玄関に息子を座らせて、自転車の準備をするのですが、
ちゃーんと玄関にちょこんと座って待っています(キュン)

お風呂から出ると、
ちゃんと敷いたバスタオルの上にちょこんと座り、
私が着替えるのを待っています(キュキュン)

自分が使ったマグを飲み終わったらきちんとテーブルに背伸びして乗せてくれます
(キュ、キュキュン)

ホント、いい子だなぁ~!!!(→親ばか?)
私なら待ってるなんてしないなー(→反面教師か!?)

被り物も最近大丈夫。
3.jpg
帽子じゃなくて、こんなものも被ったりしてます(ヒヨコ。100円)

頭にヒヨコを被り、
4.jpg
実家から預かったインコを見る息子。

仲間だと思ってるんですか?

庭に出るのも好き。
7.jpg
パジャマのまんま出てます。

窓の鍵を自分で開けて、
5.jpg
窓を開けて自分で出てしまうのも困る・・・。

あと、枕が好き。
6.jpg
下にリモコン隠してる・・・

寝る時に私と奪い合いになるので、仕方なく一つ買いました。(大人用を)

わざわざリビングに枕を運び、
12-06-01_002~1
キリンを寝かせたりしてます。

うちに遊びに来たときに、枕が転がっててもびっくりしないでください。

相変わらず散歩も大好きで、ほぼ毎日散歩します。
8.jpg
猫を見ると息子は「ひゃー!!!!!」と絶叫するのですが、

私が猫に「にゃー!!!」と絶叫しているのを真似てるという事実に最近気づきました。。。。

電車にバイバイ~
9.jpg
電車が見えなくても、音がするだけでバイバイします。

なので、
電車の音だけが聞こえる公園にいると、いきなりバイバイし、
他のママさんに「誰にバイバイなのかなぁ?」と突っ込まれます。

相変わらず石が好き。「イシ」と言えるようにもなりました。
10.jpg
もう、置いてっちゃうぞ~ (ってすでに置いていってる)

He has an insatiable curiosity about many things in this world.
Yes, the things you don't know yet are filled with this world!

これからドンドンいろんな事をママと一緒に発見しようね。
1.jpg
それがワイルドってもんだろぉ~?(→使い方間違ってるよね)







2012/06/22(金) 14:56:07 | 妊娠・出産・育児 | トラックバック:0 | コメント:0
6月17日(日)にヒロ前田先生主催の、
「究極の模試600問」についての勉強会に出席しました。

「究極の模試」とは、つい最近ヒロ先生が出版した模試。
正直、公式問題集よりはるかにイイです。

まず、究極の模試を解くと、点数だけではなく、あのAbility Measuredも分かる。
つまり、自分の弱点が明白になるので、今後の勉強に役立てることができます。

そして、何より解説が充実。公式問題集を批判するわけじゃないですが、
あれでは初級者にとっては勉強する材料にはならないくらい解説が薄いですよね。

究極の模試は、きちんとTOEICとはどのようなテストなのかという特徴を"解説"しているので、
解き終わって「なんとなくこれがTOEICなのかぁ~」という漠然とした分析ではなく、
「これとこれとこれはリスニングではおさえるべき特徴なんだな」と明確に分かります。

TOEICも傾向があり、
それをきちんと"知る"だけでもスコアUPが期待できるので、
この模試は本当にオススメです。

勉強会の主な目的は・・・・
「この究極の模試を使うにあたり、どんな素材(教材、ツール)が付加されていれば
より講師は使いやすいか。テキストとしてレッスンに採用したいか」というディスカッション。

出版社側がそこからでた情報をベースに、そのツールを開発し、もっとこの本の売り上げを伸ばす、
というのが狙いです。
出版社側にとっては超有益な勉強会だったのではと思います。

単にTOEIC講師が集まるだけで有益な情報があふれるので、
私にとっても、そこに参加するだけでかなり有意義な時間となりました。

ホント・・・レベルが高いです。
少し話すだけでもメモりたい情報がワンサカありました。
4時間という時間もあっという間でした。

それに、そのツールが将来的に使えるようになれば、レッスンで本当に助かります。

しかしながら・・・正直・・・もっと・・・・・・
この模試の使い方をディスカッションしたかったなぁ。という感想。

この一つの教材を手にとって、
「どうやったら付加価値が上がるか」をメインにさまざまな講師の目線からディスカッションし、
その上で、「このツールがあれば」という話がしたかった気がします。

大学で教えている先生なんかは、
「答えが付属している市販のテキストは教科書として採用できない。
その理由としては、答えがついているだけで授業を聞かなくなる生徒が多数いるから。」との事。

この問題も解決できるよう、
答えに依存しないようなレッスン、
答えを知っていても聞きたくなるレッスンにどのようにしたらできるのか、
どのようにこの模試を使えば「解答が付属していてテキストとして採用する価値がある」となるのか、
を議論したかったな・・・・。

今回得られた情報でもっと自分なりにどうこの模試を利用すべきか考えようと思います。

この勉強会後、
懇親会はいつものようにPassし、
2人先生と少しお茶して帰りました。

いやー・・・・ 熱い話も聞けて楽しかったです。超充実!!

その夜・・・・なぜかJayさん(TOEIC講師早川幸治先生)が夢に出てきて、
何のことだか忘れましたが説教を受けました。

どうやら私の頭の中はTOEICだらけのようです。

ともかく・・・現実でも説教を受けないように精進いたします。

















2012/06/18(月) 23:26:39 | セミナー | トラックバック:0 | コメント:0
6月12日(火)に外国人講師を招いてスペシャルレッスンを行いました。

2回目という事でしたが・・・

やはり生徒さんは緊張気味。
12-06-12_001~1

12-06-12_002~1


ネイティブと話すのと日本人に英語で話すのとではやはり違うようです。

でも・・・
それが練習。
緊張しててもなんとかネイティブとコミュニケーションをとってみる、
というのがとてもいい練習になります。

それに海外でいきなり外国人と話すことになるよりも断然ラクなハズです。
こうした練習が本番(海外)で役に立つのです。

回数を重ねれば、外国人が目の前にいたって、
外国人に話しかけられたって緊張せずにいられるようになります。

今回トピックとしてやったのが、
空港でのチェックインカウンターでのやり取り。

ネイティブ講師と1人1人が会話の練習をやり、
実践に近い形で会話文の練習を重ねました。

定型文のほかの表現も外国人講師がいくつかピックアップし、
それも含めて練習したので、応用力もつけられたと思います。

後日、参加してくださった生徒さんにお会いしたら、
「映画を見ていたらこの間習った表現が聞き取れた」ということを、
英語で報告してくださいました。

やっぱり英語に接する量や機会を増やすと、
どこかで役に立つものです。

このレッスンを"本番"だなんて思わずに、
これを踏み台として練習をかさね、
本番である海外旅行に行ったときに尻込みせず、英会話力を発揮できるようにしましょう!











2012/06/17(日) 10:59:43 | レッスン開講案内 | トラックバック:0 | コメント:0
6月5日(火)に第2回トレーニングレッスンを開催しました。

これは12日(火)の外国人とのスペシャルレッスンに備えたレッスンです。

前回の第一回目は「自己紹介の仕方・初対面の人への質問の仕方」を取り上げ、
今回の第二回目は「外国人とのレッスンの中での質問の仕方」を取り上げました。

日ごろは、私、日本人とのレッスンなので、つい日本語で質問が出てきてしまいます。
それを英語できちんと質問できるようにしましょう、というのが狙いです。

聞き取れなかった時に「Sorry?」と相手に言うのは日ごろのレッスンの中でも習いましたが、
このレッスンの中で習った10個近くのフレーズの中でも、やはり皆さんが知らなかったのは、

「自分の言っていることが相手にきちんと伝わっているかどうか」を聞くフレーズ。

Do you understand?というと、
「私の言っている事は正しいけど、それをあなたは理解してる?」的な感じに聞こえるかもしれません。

そうではなくて、
「私の言うこと、つじつま合ってる?大丈夫?理解できてる?」というような低姿勢で言いたいものです。

その場合は、
Does it make sense? と聞くと良いかもしれません。

it はこの場合自分の話していることを指しています。

英語で何かストーリーを話していて、言いよどんだり、詰まってしまった時は、
Does it make sense?といって、相手の理解度を測りながら進むと自分でも安心して話を進められます。

ただ、レッスン中にこうしたフレーズを習っても、
実際の場面でどのように使ったらいいかを実践してみないと使えませんよね。

そのために、このトレーニングレッスンでは、
そこで習得したフレーズを会話表現の中に混ぜ、
ロールプレイをして使うところまでやりました。

どんな状況で1つ1つのフレーズを使うのか、
体験し、場面をイメージしながら言葉にし、「使ってみる」というのが大事です。

ロールプレイで練習して、「自分で言えた!使えた!」という自信がもてたら次はスペシャルレッスン。

来週、外国人の先生に対して使えたらいいですね。

こうやって少しづつ前進していきましょう!




2012/06/09(土) 13:48:28 | レッスン開講案内 | トラックバック:0 | コメント:0