FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life
昨日、発音セミナーに行ってきました(って直前のブログにも書きましたが)

初めて天満先生のこのホームページのコピーイングを見た時は衝撃的でした。
http://processeigo.com/

衝撃を受けたのは本気でTOEICのスコアを伸ばそうと決めた2年前くらいでしたが、
ま、まさか今年ご本人にお会いする事ができ、
直接ご指導を得られるとはーーーーーーーー!!!超感動です。

発音・・・
レアジョブ(スカイプによる格安英会話)を始めてから、
自分が受けるレッスンを録音していますが、
それを聞きかえすと自分の発音にガッカリ。

初めて「音を口から出す」事に意識を向けましたが、
そもそも日本語の発声と英語の発声って違うんですね。

英語の発声は喉を開き、音がつながるので、
酔っ払いみたいな感じになるそうです(笑)(詳しくは天満先生のセミナーを受けてみてね)

天満先生が、
日本語の発声で英語を話してくださいましたが、
やはり聞こえる音、印象が全く違います。

うんうん、こうやって英語を話してる人いるいる、って感じでした。(って私もか)

面白かったのは子音が続く場合の音のつながり方。

日本語は子音+母音で音を形成していますが、
英語は子音+子音という音が存在します。

例えばpicnicのcn
例えばacknowledgeのkn

日本人はpic nicとどうしても子音+母音をセットで考えてしまいますが、
cnは繋げないとダメなんですね。

天満先生のセミナーを受けるとこの子音+子音のつながりの発音の仕方がよく分かり、
このつながりがとても重要であり、英語の印象に関わってくるというのが分かります。

knの音の繋がりを練習をした時に、
「こだま」から「のぞみ」に乗り換えるイメージという例を出していたのが印象的でした。

つまり・・・
「kの発音をし、即座にnの発音を上からかぶせる」という事です。

「おーっと。それじゃ岐阜羽島駅を越えちゃってるよー」みたいな。
(kを発音しすぎて(こだまに乗りすぎて)nが遅れる(のぞみに乗り遅れる)というシチュエーションです)

セミナーの中で文章や単語の発音を練習したのですが・・・・
12人もいると声が重なってガヤガヤします。

しかし・・・・

ホントにプロだなぁ~と感じたのは、
そんな環境の中でも天満先生は即座に音を拾って、
それがどのような音なのか判断できるのです。

「あ、今のちゃうよ?」って、
私には聞こえたか聞こえないかの音を拾って指導してくださいました。すごい!!

3時間のセミナーはあっという間。
あー懇親会にも出たかったぁ~。

会場のドアを開けるとこの後の懇親会に参加するヒロ先生が!
立ちながら仕事してたよ・・・・・・・。「努力が足りねーんだよ」って言うはずだわ。

エレベーターの中で、
「まさに1秒たりとも無駄にしないと言った感じですね」と言うと、
超無表情で「他で無駄にしている事があるので取り返しているだけです」と。

頭が下がります、ホント。

帰宅したのは19時過ぎ。
家に着くと、旦那と息子は仲良くお風呂に入り・・・

リビングにあったダンボールには沢山の落書きが。
tn.jpg

tn2.jpg

私が留守の間、
一生懸命育児をやってくれる旦那にも頭が下がります。

「でもね、懇親会には行かなかったの。
だって、子供が寝る時間までには帰ってくるのが今の私のポリシーだから。」と、
お風呂場にいる旦那に告げると、

「変なポリシーだね」と笑っていました。

あなたの優しさにどっぷり甘えないように、
ある程度自分を律して進みたいだけ。

でも・・・

あの懇親会は出たかったなぁ~(って言わなきゃ少しはかっこいいのにね)









2012/04/23(月) 21:56:26 | セミナー | トラックバック:0 | コメント:2
スポンサーサイト



昨日4月22日に渋谷まで天満先生主催の発音セミナーに行ってきました。

以前私が参加したTOEIC指導者セミナー出席者を対象とした特別発音セミナーだったので、
参加者はみーんな先生です。

いやー・・・発音セミナー面白かったです!いまだ興奮冷めやらぬ。
と、セミナーについての具体的なことを書く前に・・・・

実は発音セミナーの前に、
以前のTOEIC指導者セミナーで仲良くさせていただいた方とお食事してから
一緒に発音セミナーに参加しました。

その方はある数箇所の大学で英語講師をしている方です。
TOEIC指導者セミナーで出会った時から惹かれていました(相手は女性ですがね)

今回思い切って食事に誘わせていただきましたが・・・・
人からこんなにエネルギーをもらえるものなんだって久々に気づいた気がします。

もう発音セミナーに出席する前からテンションがMAXでした。

いろんな話をさせていただきましたが、
一番印象的だったのは、

「今のところのゴールって何ですか?」と聞いた時です。

きっと本の出版や、セミナーの主催、学校/会社経営・・・
というような事を勝手に想像してましたが。

「よい話し手になることかなー」と。

よい話し手・・・・・・・・・・・????
セミナーとか・・・・・??やるってこと・・・・??ですか???
と思わず聞き返しましたが、

「もっと英語をきちんとしゃべれるようになること」との事。

めちゃくちゃシンプル。

ですが、今このような英語力(私にとっては神レベル)を持っていながらも、
さらに英語力を追求する姿勢がすさまじくカッコいいです。

TOEIC指導者セミナーの時は
「棺おけに足突っ込むまで英語力を上げる事を追求したい」と言っていたのが印象的でした。

実は私はコンプレックスがあります(→いきなりの告白)

自分の事を頭がいいなんて思った事は1度もなく、逆に要領が悪く、頭の回転も悪く、
人並み以上に努力しないと成功しない人・・・だと自分の事を分析しています。

そのため、棺おけに足突っ込むまで・・・なんて程の遠い未来ではなく、
10年後の将来を想像する時でさえ、
「私にできる?できない?できないなら止めてしまいたい。」と思う時があります。

何かに挑戦する時に
「私にはできないかもしれない。」と思う弱さがあります。

彼女にはそういった無駄な思考も、努力した見返りに対する欲もなく、
「純粋に英語力に磨きをかけたい」と考えているのです。

これ、本物だなーとつくづく思いました。

「10年後にこうなっていたい」という理想が私にはありますが、
「10年後」というリミットをつけているのは、

今私が努力した結果が10年後に実って欲しいという「欲」であり、
「純粋に英語力を向上させたい」という思いとは違っているように感じ、
なんて狭い考えなんだろうと自分が物凄く小さく感じました。

死ぬ間際まで・・・

自分の英語力に満足することなく、いや、
果てしない語学の習得に挫折することなく、

私は続けていられるだろうか。

そんな事、考えた事もなかったな。

雨の降る夜道を一人で帰りながら、

「この人に追いつこう・・・ではなく、必死についていこう」と
思うのでした。









2012/04/23(月) 15:43:09 | 日々の生活 | トラックバック:0 | コメント:0