FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life
11月10日(日)に、セミナーに出席しに、築地まで行きました!

今回のセミナーのゲストスピーカーは、神崎正哉先生

TOEIC業界でも一流の先生なのは間違いないですが、
今まで夏に行われた「TOEICまつり」でしかお会いしていなかったので、
話を聞くのをとても楽しみにしていました。

TOEICまつりでの神崎先生の第一印象は・・・

ナチュラル

もう、ナチュラル以外に言葉が見つかりません(→ほめ言葉)

肩の力を抜いて、その場の雰囲気を楽しむのが好きな方なんだなぁ、と言う感じでした。


さっそくセミナー会場に到着してご挨拶したら、
名前を憶えてくださっていました。す・・・すごい。

お会いしたのは夏、しかも印象薄いであろう私の存在を覚えてくださっていたとはー!

「良い講師は、名前をすぐに覚えて信頼を得られる」というのは本当ですね。


さ、今回のセミナー内容の感想ですが、

TOEICに関する「斬新なアイディア」や「これをやればスコアは伸ばせる的な売り文句」は、
一切ありませんでした。

至って・・・

普通なんです、そう、普通。
地道にできる事を確実にやってもらって英語力をUPさせる、というスタイル。

神崎先生は、「TOEICのスコアは高いけど、英語力はない」と言われがちな事が嫌で、
TOEICのレッスンの中でも、「英語力をしっかり鍛えられる内容」に注力しているそう。

最近は、TOEICの攻略本やウンチク本など色々あるなかで、
そうやって、あえて「しっかりやり方に注意して、普通に確実に取り組めばスコアも上がるよ」
と言う講師は、TOEIC業界の中でも、そして一流と呼ばれるTOEIC講師の中でもとても珍しく、
なんだか本当に大事な事を教えられた気がしました。

なんだか、「そう、これでいいんだ、これで。」と
複雑な事を授業で取り入れる必要がないんだ、と再確認でき安心しました。

ただ1つだけ・・・

びっくりしたのは、
神崎先生は一切テクニック的な事は授業中にやらないとおっしゃっており、
Part5も、「全部頭から読んでもらって、それっぽいのを選んでもらう」と!!

全部読む・・・・・・・・・

私なら絶対時間内に解き終わらない・・・・・・・・・・・・・

神崎先生のおっしゃる主旨としては、
「複雑なテクニックを使うよりも、感覚で解いた方が僕の生徒はうまく解ける」とおっしゃってました。

きっと神崎先生も、
現代っ子も、外国生活経験があったり、英語的感覚が鋭いので、感覚で解けるのでしょう。
羨ましい・・・。

ただ、そうじゃない純日本人のような人は感覚で解いててはスコアや英語力は頭打ちです、確実に。

よく、

「Part5で、文章を読まないで解いたり、何の品詞かだけで答えを選ぶのはテクニックにすぎず、
ずるをしているようだ」

と考えている人、また講師がいる事にびっくりします。

私は、テクニックやズルとは全く思いません。

Part5では、

「ここには何が入るでしょう。名詞?形容詞?いや、副詞?分かる?」と
聞いている問題と、

「ここには何が入るでしょう。全部読んでみて内容から推測してね」と

聞いている問題と(大きく分けて)2種類あるわけで、

前者なら「できるだけ読まずに、文構造のみで解答を導き出す」能力を試されているのです。

それを「全部読まなきゃズルしている」と思うのは、
そもそもTOEICの問題の主旨を勘違いしていると、私は思います。

感覚で解ける人はおそらく全部読んで解答するのでしょうが、
それは特別な能力なわけで、

普通は、
「文構造をしっかり見極められ、そこに何の品詞が入るべきなのかを知っているか」を計られている訳なので、
「できるだけ内容な読まず、文構造を把握することに注力する」ことだと思っています。

私はこの「文構造を把握することに注力する」のが今でも甘くなるので、
今では英文筆者をやり、文の構造をより意識する勉強をしています。

「読む」作業より「書く」作業の方が、文構造に意識がいくので。


・・・本当は感覚を磨く努力をした方がいいのか!?

とも思ったりしますが、

とりあえずこの方法でしばらくいってみます。








2013/11/25(月) 06:17:26 | セミナー | トラックバック:0 | コメント:2
スポンサーサイト



だいぶ経ってしまいましたが・・・

8月25日(日)に講師のためのTOEICセミナーへ行ってきました。
旦那が夏風で発熱続きでしたが、なんとか平熱に戻ったので息子を預けて行ってきました。

ちなみに・・・
私はスーパーミラクル方向音痴女子なので、
ほぼ100%といっていい程、人に道を尋ねないと、行ったことの無い場所に辿りつけません。
が、今回、旦那さんが前夜に病み上がりの体で道を地図で詳しく説明してくれたお陰で、
誰にも聞かずに辿りつけました!(→奇跡)

本当に頼れる旦那さんです。
以前、道に迷った時には、通りすがりの人もいなかったので、
家で息子を世話している旦那に電話して道案内をしてもらったことすらあります。
「我が家にも頼れるクロエがいるような感覚(アメリカドラマ24より)」でした。

さ、本題です。

今回はTEX加藤先生による超初級者TOEICレベルでのPart3/4/7の授業の進め方のセミナーでした。

単語も分からない、音も拾えない初級者の生徒さんを、
どうやったら「やる気をそぐことなく授業できるのか」という事に焦点を当てた内容でした。
ちなみにこれ、私が事前にセミナー主催者にリクエストしていた内容でした!本当にありがたいです。

TEX先生のセミナーは、いつもとても内容が充実しているだけではなく、
いつも実例が豊富でとても面白いのです。

例えば、「英語を聞き取る(リスニング)には、必要な要素が3つある」という話。

1)単語力、2)発音、3)スピード という3つの要素を挙げて、
この3つに則したレッスンをしているようです。

で、発音がなぜ大事かというお話を生徒にする時と同じように実演してくださいましたが、
「occupyをオカピーと読んでいた生徒がいました(大学生)」とか、
「severを背びれって読んでいた人もいました(大学生)」とか・・・
そう読んでいたら確かに英語は聞き取れないわ(笑)

こういった実例は、教授経験が豊富で、なおかつ生徒さんと信頼が取れているので、
ちょっとした笑い話として紹介できるのでしょうね。


今回学んだ事は沢山ありましたが、1つだけ記述しておきたいと思います。

Part3/4/7での正解までの細かいアプローチ

初級者レベルの生徒さんでも、自力で正解を出せるような授業の組み立てや解説が素晴らしいです。

生徒さんに少しでも「自分でできた感」を感じてもらうためだそうです。
細かいステップをいくつか踏んでから問題に取り組み、解説する手順が巧みに練られていました。

どうも手取り足取り詳しく説明しすぎると、
逆に「自力で解いてない感覚」になってしまう事を懸念して、
自力で解かせる部分が多くなっていた気がします。

もしくは、つい、「ここまで言えば分かるかな」と思ってその説明を省く癖があるような気がします。

全ては授業の組み立て次第なんですね。
いつもは正解までのプロセスを、ステップを1つで済ませてしまうような箇所を、
3つくらいのステップに分けるくらいが丁度いいのかもしれません。


何事も一歩づつが大事ですよね。
「急がず焦らず」の精神を指導者が失くしたらいけないと思うのでした。

2013/09/05(木) 08:42:25 | セミナー | トラックバック:0 | コメント:0
いつも沢山の事を学ばせていただいている講師仲間と一緒に、
勉強会の打ち合わせも兼ね、
元吉本興業プロジューサーの大谷由里子さんのセミナー
「"超"笑って学んで元気になる180分セミナー」 に行ってきました。



グフ・・・グフフフ・・・

帰りの電車の中でニヤニヤが止まりませんでした。(変態)

だって・・・打ち合わせの際に・・・
13-07-29_001.jpg
あの方からサインをいただいちゃいましたぁああああ!!!


サインをいただいただけではなく、
1級合格を祝って、書かれた本もいただいてしまいました。

あの方とは・・・
13-07-28_002 (1)
超一流講師Jay先生こと、早川幸治先生

若い・・・私より年上なのに・・・・・・若い・・・・・・・さわやか・・・

正直・・・英検に受かった事よりも、遥かに嬉しかったです。
嬉しさのあまり絶叫しました。

普通のセミナーだと、Jay先生ファンで行列ができるのでいつも遠慮してましたが、
今回は3人だけの打ち合わせ兼セミナー鑑賞だったので、
思い切って写真&サインをいただきました。

あぁ~・・・英検受かってよかったよぉおおっ!!!

さっそく帰りの電車で読ませていただきましたが、
やっぱり私はJayさんが使う表現がとても好きです。

大谷さんのセミナーでも、
「いかに難しいことを簡単に伝えるかが大事」と大谷さんがおっしゃってましたが、

Jayさんの表現は分かりやすいですし、聞く人が興味を持って聞けるんです。

それに、Jayさんとお話しさせていただいていて、つくづく最近思うのは、
この本のJayさんのプロフィールを見ても分かるように、
「できるを体験できる指導」が本当にJayさんは上手で惚れ惚れします。

「大事だよ、できるようになるよ、やらなきゃダメだよ」と言える講師は沢山いますが、
「これ大事だな、できるかも、やってみたい」と思わせられる講師はそういないです。

「こういうレッスンができたら本当に楽しいだろうなぁ~」と
会うたびに夢見させられます。


さて・・・
大谷由里子さんのセミナーの話を少ししたいと思います。(本題スタート)

大谷由里子さんは元吉本興業の方。
横山やすしのマネージャーを務め、宮川大助・花子を売り出して注目を集めた人。

今は主に、「笑い」を用いた人材育成をしているそうです。
講師育成にも取り組んでらっしゃいます。

70分、もちろん何も見ずにテンポよくお話ししつづけるのは、
やっぱりプロですねぇ・・・スゴイです。

話す内容は実体験を踏まえたもので、
とても興味を持って聞けました。

芸人と関わりを持つ大谷さんですが、
成功の秘訣にこんなことを言っていました。

「成功するのはスキルじゃない。

 夢を持つこと、持ち続ける事は案外難しい。

 最後は願望と熱意が成功を導く。」 と。

これ、島田紳助も同じようなことを言ってました。

「若手が持っていて自分が持ってないもの。それは大きい夢。
買えるなら大金を払ってでも買いたい。」 と。


私の夢。
40歳にはこうなっていたい、というビジョンがあります。

そして・・・

人生で何か一つでも
「これについてなら人前である程度自信を持って語れる」人になっていたい、そう思っています。


ゴールなんてものは無く、走り続ける事になるかもしれません。
でも、それでもいいんです。
走りながら、移り変わる周りの景色を見て楽しみ、
ゴールが1キロ先にあるかもしれないとワクワクできるだけで満足です。

とにかくゴールに向かうこの道の上を、前をしっかり向いて
いつまでも走り続けていきたい、今はそう強く思うだけなのです。

今日もまた、ゴールに向かう原動力を求めながら、
100 キロ先にあるかもしれないゴールを目指して前に進もうと思います。

2013/07/29(月) 06:33:33 | セミナー | トラックバック:0 | コメント:0
7月14日(日)、天満さん主催の「TOEICまつり」に参戦しました!

天満さんは主に関西を拠点として活動している超有名TOEIC講師です。
初めて天満さんの英語をブログで見た時は本当に感動したのを今でも覚えています。

さて、「TOEICまつり」ですが、「祭り」っていう時点で、かなり関西チックなノリですよね。
誰もが、「面白かった!」というレビューを書いてらっしゃるので、
私も関東主催が決まったらぜひ行きたいと思っていました。

TOEICまつりは、TOEICスコアで割り振られたチームで競う、
アクティビティ満載のイベントです。

これ、かなり燃えました。
優勝チームにはプレゼントがあると知っていたので、さらに燃えました(笑)

それぞれのアクティビティが本当によく考えられていて、
手の込んだもので、本当に楽しかったです。

天満さんが「ちょっと複雑になりすぎたかなー」と最後言ってらっしゃいましたが、
全くそんな風には感じませんでした。

というのは・・・・・・・
やはり、みなさんプロの一流講師が進行しているからだ、とつくづく実感しました。
それぞれのアクティビティのやり方の説明にスキがないんです、ほんと。
あれだけキチンと詳しく説明でき、
混乱もなく進められるのは、日ごろ前に立って講義してないと無理ですね。

と、ついついそういう所にも目が行くイベントでした。

アクティビティはもちろんですが、
やっぱり・・・

濃い人達が沢山いて面白かったぁ~。(顔が、じゃないよ)

みんな、TOEICに熱い!!それだけで雰囲気が盛り上がりました。


本当に沢山の出会いがあって勉強になりましたし、刺激になりました。

そして今回、初めてTOEIC界の神の一人、神崎正哉先生にお会いしました。

・・・すっごく気さくな人
あのナチュラルさは・・・何なんでしょう。

他の講師の方もそうですが、
とてつもなく偉大な方なのに、
とても寛大だったり優しかったり気さくだったりする事に本当に驚きます。

お話しさせていただき、
あの有名な「出るボ」を「出る単」と致命的な言い間違えをしてしまったにも関わらず、
そして、初対面にも関わらず、
とても貴重な資料をいただきました。(とここに書かせていただいていいのでしょうか・・・)

その資料を見て・・・
その資料だけで・・・
授業がどんなに素晴らしいか分かるくらいの手の込んだものでした。

私はまだまだやらなきゃいけない事が沢山ある・・・と気づかされました。
まだまだ講師として甘いです。精進しなければ。


やはり外に出向き、こうしたセミナーに出るといった行動をすると、
出会いがあり、そして心が動き、その心にしたがって行動すればきっと成長できるのでしょうね。

「今をベストにし続けることができれば、人生、永遠にベストなのです。」
13-07-14_002.jpg
チーム優勝し、商品にいただいた本からHummerさんのお言葉です。

「そのためには、今やること。
 始めること。
 継続する事。」

そして、楽しんで、心で感じて、素直に行動すること。
途中で振り返り成長を感じること。


今日からまた、心の動かされるまま楽しいことを追求し、
毎日自己ベストの人生を目指したいです。




 





2013/07/15(月) 06:52:05 | セミナー | トラックバック:0 | コメント:2
5月19日(日)本日2本立てセミナーに参加してきました。

第1部:TOEIC講師のためのSLA研究 豊田典子先生

SLAとは、第2言語習得に関する研究でした。

初めて聞いた言葉で、初めて聞いた内容だったので、
難しい部分もありましたが、

多岐に渡るこの研究内容の中でも、
とても興味深い研究結果や、研究データがありました。

日ごろ、経験からして「当たり前だ」と思われる事でも、
自分の「当たり前」が研究されていて、実際に信憑性があるのだと
確認できたのが面白かったです。

英会話に関する研究結果について

アウトプットだけをしたクラス、
インプットだけをしたクラス、
両方をしたクラス、

この3つのクラスのうち、英語力が一番UPしたのはどのクラスか・・・?

答えは・・・

「両方をしたクラス」です。 ね、当たりまえだのクラッカーですよね。

これは実際に研究にされた結果との事です。

でも、世の中は、

「聞くだけ(インプットだけ)で話せるようになります」的な広告をよく見かけます。

結局はインプットだけではなく、アウトプットもしないと効果があまりないのかもしれません。

語彙力UPに関すること。

週一回30分語彙を勉強したクラス、
毎日10分語彙を勉強したクラス、

さて、どっちが語彙力をUPできたか・・・?

答えは・・・

「毎日10分のクラス」です。ね、当たり前だ敦子でしょ?(→新ギャグ)

これも研究で出された結果ということです。

でも、この「毎日やったほうが効果的」という事実がわかってない人が意外と多いです。

語彙に関しては特に、
時間を置いて再度チャレンジした回数が多ければ多いほど覚えやすくなるんですね。

また、これは別の機会で聞いた話ですが、
24時間以内に復習すると88%の記憶維持を見込む事ができ、
それを過ぎると33%に落ちるらしいです。

復習はできれば小刻みに、回数を多くすると定着するみたいですね。

とても勉強になりました。
もう少し掘り下げて、学びたい箇所もあったので、本を読んでみようと思います。

第2部 授業力&講師力アップセミナー Jay先生

よっ 待ってました!
本当にいつも楽しみです、Jay先生の講義。

今回は、講義して欲しい内容を事前に募ってくださったので、
私は「授業での笑いの取り方・話し方」について講義して欲しいとお願いしていました。

とてもレアな要求だと思うので、却下されても仕方なし・・・と思っていましたが、
ななななななんと、その為のお時間を他の講義内容と合わせて取ってくださいました。

その中でも興味深かったのは、
「人に話を聞かせる方法」です。

どうやって人に話を聞かせるのか・・・・・
話術?データの活用?もしや脅迫?(話聞けやー!みたいな圧力)

そうではなくて、実はとても簡単に人に耳を傾けさせる事ができるようです。

それは

「まばたきの回数を減らす事」だそうです。ジャパネット高田社長がいい例とのことでした。

で、実際に私も見てみました。

確かに・・・カメラに向かっている時だけ極端にまばたきが少ないです。

意識的にそうしているのか、というと、多分そうじゃないような気がします。
テレビを見ている視聴者をかなり意識して話している姿勢・目線が、
まばたきを少なくしている気がします。

そして・・・
昨日のJayさんの講義の中で

「言葉を大切に」という話もありました。

言葉を大切にしている人というのは、
一つ一つの言葉を選び、大事に言葉を発している印象を受けます。

昨日のJayさんがまさにそんな感じ。

適当に感情に任せて、勢いで話すのではなく、
きちんと、丁寧に、言葉を常に選んで話しているのが分かります。

なので分かりやすいし、伝わってきやすいですし、面白いのです。


昨日は懇親会にも出て、最後までご一緒させていただきましたが・・・
出産してから初めての夜遊びは、本当に楽しく充実し、

また、お酒で舌が回らず・・・痛恨のトークミスを犯した事を教訓に、
今日からまた精進しようと思います。











2013/05/20(月) 06:58:56 | セミナー | トラックバック:0 | コメント:0