FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life
はー・・・やっと結果を振り返ることができます。
12月しょっぱなから私が熱、そして息子が熱・熱・熱・・・・

息子が熱だと思いっきりペースが崩れます。(→ささやかな愚痴)


前回下記のように結果を予測していました。

リスニング:前回より20点UP
リーディング:前回より15点DOWN

で、TOTAL5点UP と予想します。

結果

リスニング:前回より25点UP→495点満点
リーディング:前回より10点DOWN

で、TOTAL15点UP となりました。

案外、予測も当たるものです。


リスニング:満点

①短い会話の基本的な文章を推測⇒Part1と2
95%→100%

②長い会話の基本的な文脈を推測⇒Part3と4 
話の要約が分かっていないとダメ。各問題の1問目に相当。
90%→89%(-1%)

③短い会話の詳細が理解できる⇒Part1と2
89%→95%(+6%)

④長い会話の詳細が理解できる⇒Part3と4
95%→100%(+5%)

満点ではありますが、Abilities Measuredを見ると、全てが100%ではありません。
つまり、全問正解じゃなくても満点になれるわけです。

満点を初めて取得し、嬉しさを表現する為に絶叫してみたものの(→「よっしゃー!」と叫んでみた)
正直・・・・





「なんだ、こんなものか」




という感覚はぬぐえません。


English Journalのネイティブのインタビューは全て分かるわけじゃないですし、
ネイティブとの日常会話ですら、聞き返すこともあるのです。

ただ、、、、、、

それ相応の苦労がないと満点は取れないのも事実な気がします。

中学生の時はリスニングがあまりにも出来なくて、
の子に「本当に~って言ってたの!?」と聞くレベル。

高校生の時は、オーラルコミュニケーションの授業で、
後ろに何人もの先生が見学する研究授業の際に先生から指名され全員の前に出され、
おそらく何か言われているけれども全く分からず、なぜか爆笑されるというレベル。

やっと大学生になってから英会話に本腰を入れ、
それでもTOEIC700点が取れないと嘆くレベル。

あの時はどんなに頑張っても700点が取れず、
700点を取れる人が物凄く「英語が出来る人」に思えました。

それにしても満点取ったからって
まだまだ満足いってません 全然。

ただ、「満点の最後の決め手」を記録の為に書くとすれば・・・

問題の設問の先読みの方法を変えたからです。

「選択肢を読まず、設問だけ読む。」
これで十分。頭に入れておく情報量は最小限にすべきだったんですね。

すこーしテクニックを変えるだけで、
見違えるように解きやすくなって点数が上がるというのもTOEICの面白さの1つだと思います。

リーディング:-10点

①文書の中の情報をもとに推測⇒主にPart7
100%→94%(+6%)

②文書の中の具体的な情報を見つけて理解⇒Part7
文中の情報を特定したり、ピンポイントの回答を見つけられないとダメ。
89%→88%(-1%)

③複数の文書間で散りばめられた情報を関連付ける⇒Part6(語彙+文脈依存型問題)
Part7(Wパッセージ問題)
Part7(シングルパッセージの複数の情報を元に解を見つけ出す問題)
95%→92%(-3%)

④語彙が理解できる⇒Part5 Part6(時制/品詞問題)
96%→100%(-4%)

⑤文法が理解できる
⇒Part5
 Part6(時制/品詞問題)
96%→92%(-4%)

正直10点DOWNだけに食い止められて良かったです・・・。

今回見直す余裕もありませんでしたから。

Part7が弱いのは分かりきっているのですが、
Ability Measured を見ると、

「ピンポイントで導き出せる問題」が間違っているようです。

おそらく・・・

引っ掛けに引っ掛かっているのでしょう。

決め手は 

「どれだけ素早く全体を読み、全体像を把握し、細かい部分を読む時間を余らせるか」

だと思っています。

TOEICの罠に引っ掛かってしまうのは、思い込みが強いから。

自分の選んだ選択肢を疑ってみる、

自分の選んだ選択肢に根拠があるのか自分に問うてみる、

この2点をしっかり頭に入れて次回臨みます。








2012/12/20(木) 14:41:52 | 勉強 | トラックバック:0 | コメント:0
スポンサーサイト



英検準1級、合格しました(1級じゃないよ→よっぽど引け目を感じるらしい)

2次試験の面接は38点満点中、満点でした。
これでやっと少しは日常英会話ができるって言えるようになった気がします。

当日は45分間寒い廊下で待たされたので、
少しイラッとしましたが・・(→せっかち&短気?)
その感情をうまく隠す事ができました。(→むしろ英語力よりもポーカーフェイス力)

英検サイトによると、準1級は「大学中級レベル」との事。


・・・・そ、そうなんだ。


で、1級レベルは「大学上級レベル」と。


・・・超適当。分かりづらい。

レベル別の英語技能によると
準1級は
「社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用する事ができる。」レベル。

で、1級は

「広く社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用する事ができる。」レベル。

・・・ほぼ変わらないってこと?(笑)


まぁ、、、英検批判はさておいて・・・


満点を取ったからって偉そうに・・・言うわけじゃないのですが、

「英語を話すようになるために」はどうしたらいいのか、という事について書いてみます。

いつも思うのですが・・・

大前提として、
日本語レベル(母国語)のほうが遙かにレベルが高いので、
日本語レベルで考えた文章を英語にするのはとても難しいのです。


それよりもまず、

Step1:自分が見かけた英語表現の中で、「これ、使えそう」と思った表現を書き留めておきます。

私は「使いたいフレーズ集」というノートを作ってます。
note.jpg
こういうノート、大学生の頃も作ってました。

あらゆるテキストや問題集の中から、
「この表現かっこいい」「これ、使えそう」「あ、こんな場面で使えそう」とか、
そういう表現を見つけたらまずメモしておきます。

Step2:その表現を使って「自分なりの」文章に書き換えます。

Step3:それを実際に口に出して(もしくはE-mailなどで)使ってみます。

この繰り返しで、表現が定着し、そして自分が言える表現が多くなり、
その表現自体も簡単なものから複雑なものへと進化していくのだと思います。

例えば、TOEICのPart7(長文問題)を解いていたらこんな文章がありました。

「I am writing to thank you for your excellent help
in organizing accomodations for The Davenport Symposium group」

(Davenportシンポジウムのグループのための宿泊施設の準備で、素晴らしいお力添えに感謝いたしたく
手紙をお送りいたします。)

お、これE-mailで使えそうじゃないですか?

I am writing to thank you for your excellent help in ~ing」で
「~する際の、素晴らしいお力添えに感謝いたしたく手紙を送ります」という表現。

メモメモ。

例えば、
I am writing to thank you for your excellent help in organizing the next meeting and
preparing for the agenda for us.
(ミーティングの設定と、そのアジェンダを用意する際の、
素晴らしいお力添えに感謝いたしたく手紙を送ります。)

のように自分流にアレンジ。手紙じゃなくても、E-mailの文章としても使えますよね。

こうして、

「いきなり自分で難しい文章を作ろうとせず、
できあいの物(表現)をアレンジして自分流に使うこと」

が、一番てっとり早い気がします。

さて・・・

先ほどThe Japan times で「Wall Streets still values taking risks」
(アメリカの投資会社は、いまだに、リスクを取ることに価値があると考えている。)

という文章がありました。

value ~ingで「~することに価値があると考える」という表現。

valueって、「価値」という名詞だけの使い方ではないって事ですね。

私なら・・・

I values playing with my son rather than studying english.
英語を勉強するよりもむしろ、息子と遊ぶほうが価値があると考えます。

と使います。

ということで・・・昼寝を3時間もしている息子をそろそろ起こすとします。







2012/11/23(金) 16:24:31 | 勉強 | トラックバック:0 | コメント:0
TOEIC受けてきました。

前回の席は一番後ろでしたが、
今回の席は一番前、一番ハジの席。

真ん前に試験管がいるだけで緊張感が何故か増しますね。

さて、私が受けたのは4IIC29のマイナーフォーム。

毎回、超個人的な目線で難易度をつけることにします。

Part1 難

久々に聞きました、「wheelbarrow」という単語。
要注意単語に入れておくべき単語ですね。

また、最近、「be mounted on~」というフレーズを学んだばかりでしたが、
丁度出題してくれました。

2つの大きな籠を、自転車の後部に取り付けて走っている写真を見たときは、
どんな表現をするんだろう、とワクワクしました(笑)

そして、

え、英語でそんな言い方するの!?みたいなのがあったような。

A man is securing the base of the ladder. 
はしごを下で人が支えている写真。

securing the base...へー、何かしっくりこない表現ですが、あるんですね、こういう言い方。

Part2:易

ひねった言い回しはなかった気がします。

What does he do for a living?
生活のために何してる?

というのは、知らないとピンと来ないかもしれませんね。

Part3:普通

Part4:難

細かい部分を問う問題が多少あった気がします。
危うく聞き逃しそうになったり。

Part5:普通

Part6:やや難

問われている表現や単語は難しくないのですが、
文章の内容がやや推測するのに時間がかかったり。

Part7:難

文章自体は全く難しくありませんでしたが、
情報を探すのに時間をかけさせるような問題が多かった気がします。

そして、いつも通り、引っ掛け的な問題も。

E-mailで、「15日に会議で会うのを楽しみにしています」と言っておき、
「いつ会議で会う?」という問題の選択肢には

A: Oct 15
B: Oct 28
A: Nov 15
B: Nov 28

とあり、即Aを選びそうになりましたが・・・

危ない危ない、

そのメールが出された日付を見ると、Oct 17。
つまり、Aではなく、Bということになります。

昔の私なら危うく引っ掛かっていたぜぃ。フゥ。

あとは、

本の注文書の問題。

AさんがBさんにGiftとして本を送っているのが分かります。

そしてAさんからBさん宛てのメッセージもその注文書についており
「新しいポジションで頑張って!この本はあなたの仕事に役立てばと思って送るわ!」と書かれて言います。

で、問題は、

「この注文書から分かることは?」という問いに対し、

答えは、B has been just hired as manager.

どうしてマネジャーと分かるかというと、
送られた本が「manager skill」や「management」に関わる本だったからです。

そこまで見ないと答えは導き出せないんですね。


個人的な出来具合

今回リーディングはボロボロでした・・・

I just finished on time.で、見直す時間がゼロ。

おそらくPart5に時間を費やしすぎた、というのと、
Part7で、「引っ掛け」を恐れてかなり慎重に読んだために時間を費やしたから。

予想スコア

リスニング:前回より20点UP
リーディング:前回より15点DOWN

で、TOTAL5点UP と予想します。

まぁ、それを覆してくれるのがTOEICの面白い所です。





いつも思うのですが、

TOEICは英検1級と比べるとしたら、あるかに英検1級の方が難しく、
あくまでも英語のレベルからすれば「中級レベル」の試験だと思います。

しかし、

あの量をあの時間で解く事で難しさが増し、

ある意味、

ビジネスマンが、限られた時間の中でいかにミスをせずに業務をこなすか、
という情報処理能力も問うテストなのだと思っています。

TOEICを批判する声もあるのは事実ですが、
TOEICを仕事でうまく利用して業務効率を上げている人もいるのも事実。

うまく使いこなしたいものです。

私は、TOEICを使って英語能力を上げるだけでなく、

集中力、(200問受ける力)
ポジティブ思考、(1問ダメでも次に懸けられる力)

そして

情報処理能力、(言われた事を即解釈できる力)

を身につけようと、今日もまた勉強を続けるのです。







2012/11/19(月) 14:51:47 | 勉強 | トラックバック:0 | コメント:0
前回の第173回TOEICの結果についてブログに書いた時は、
感情的になりすぎてましたね。(→冷静に分析。)

感情的になってやった事っていうのは大抵いい結果に結びつきません、ほんとに。

どんなに怒りたいシチュエーションでも、
どんなに泣きたいシチュエーションでも、
いかに冷静に事実を受け止め、対処するかが、
ビジネスにおける成功のカギだと言える事を最近身にしみて思います。

心の訓練ですね。

なので・・・

感情的になってしまった自分を反省し、もう一度振り返ります。
分かりやすく、
約半年前の結果(2012年3月18日TOEIC実施)のものと比べることにします。

総合点数:+15点

リスニング:-5点

①短い会話の基本的な文章を推測⇒Part1と2
100%→95%(-5%)

②長い会話の基本的な文脈を推測⇒Part3と4 
話の要約が分かっていないとダメ。各問題の1問目に相当。
88%→90%(+2%)

③短い会話の詳細が理解できる⇒Part1と2
89%→89%(変化なし)

④長い会話の詳細が理解できる⇒Part3と4
91%→95%(+4%)

分析

・Part1/2が若干下がっている。リスニングの瞬発力が下がっている気がする。
・「短い会話の詳細が理解できる」の部分が明らかに低い。
・Part3/4が若干上がっている。先読みを設問のみにし、設問は読まず、聞くのみに集中したからかも。

今後の課題

・Part1/2は、どんな環境であっても(例え一番後ろの席であっても)瞬発力を発揮できるように、
習慣として聞く時間を設ける。
・Part1/2でも、聞き取れない文章があるかもしれない。色んな文章に慣れておく必要がある。
・解き方を変えず、設問だけ先読みし、リスニングが流れている最中は文字を見ず、聞く事に集中。

リーディング:+20点

①文書の中の情報をもとに推測⇒主にPart7
94%→100%(+6%)

②文書の中の具体的な情報を見つけて理解⇒Part7
文中の情報を特定したり、ピンポイントの回答を見つけられないとダメ。
80%→89%(+9%)

③複数の文書間で散りばめられた情報を関連付ける⇒Part6(語彙+文脈依存型問題)
Part7(Wパッセージ問題)
Part7(シングルパッセージの複数の情報を元に解を見つけ出す問題)
89%→95%(+6%)

④語彙が理解できる⇒Part5 Part6(時制/品詞問題)
90%→96%(+6%)

⑤文法が理解できる
⇒Part5
 Part6(時制/品詞問題)
100%→96%(-4%)

分析

・Part7(読解)が伸びている
・Part7が読めるようになると、自然に語彙も増える。
・けれど、それが文法に生かされていないのが残念。文の構造にもっと目を向けるようにすべき。

今後の課題

おそらく英検の勉強も含め、かなりの量の長文を読んだことが結果につながったのだろう。
その為、読むスピードは上がっているはずなので、
1問1分の配分ではなく、1問45秒くらいで解けるようにし、見直しの時間を確保したい。



ホントにすこーしづつ点数が上がるというのが、
いかにも私らしいです。

「あれ!?意外に簡単に満点取れてしまったわ!」というミラクルは、
私にはありません、絶対。

いいんです、地道に点数を上げていくプロセスを楽しみます。

なんといっても・・・
点数こそ目標の一つですが、
英語の能力を上げることこそが真の目標ですから。

満点を意識することで、
英語の能力が上がるなら、
満点を目指しつづけるまでです。

じっくりいきますよ、じっくり。


2012/10/23(火) 09:45:31 | 勉強 | トラックバック:0 | コメント:0
TOEIC結果が出ましたね。

はー・・・なんだろ、このガッカリ感。
前回に比べて10点UPのみでした。

もう少しUPしていると思っていましたが分からないものです、ホント。

きっと思わぬところで落としているんでしょう。

以前、TOEICのPart7(読解)をやっていたときのこと。

お客のクレームに対し、
レストラン側がクーポンを発行したという内容(超TOEIC的内容)

で、

そのクーポンと同封された手紙に、

「The coupon is valid for parties of up to four people.」
(このクーポンは4名様までお使いいただけます)って書かれていたわけです。

それに関するNOT問題(What is NOT indicated on the coupon?)の選択肢の1つに

「The coupon can be used for a group of three people.」というのがあり、

私は、「4名って書いてあったから3名だとダメ(NOT)だから、これが正解」って選んでしまったんです。

でも
4名様まで、って当然3名を含むわけですよ。

What a absent-minded person I am!!!
私ってなんておっちょこちょいなの!!

これ、英語の能力と関係ないような気がするんです。
多分日本語でも間違ってた気がします。

英語力というよりも、もっと注意力とか集中力とか・・・
なんていうか頭の回転を早くするというか・・・
そういう訓練が必要な気がするのですが・・・

でも・・・・

きっと時間に余裕があって、
ゆっくり読むことができれば、おっちょこちょいをしなくて済むようにもなる気がして・・・
結局英語力のような気もするし。

奥が深いです。


ところで・・・・

今日はこのブログ、片手にワインで書いてます。
今日はリフレッシュデイというか、心の整理をする日と決めました。

TOEIC満点という目標がとてつもなく遠く思え、

自分のやっている事が正しいのか、無駄なのか、

自分のやっている事の先に何があるのか

なんて考えちゃうと私でも単にヘコム訳です。

私の尊敬する方のブログで書いていたこと。

Life is like an onion.
人生はオニオンのようなもの。

You peel off layer after layer and then you find there is nothing in it.
and then you realize that the layers actually were the onion.
次々に皮をむくけれど、その中には何もない。
そして、その皮自体がオニオンだったと気づくのだ。

その方は

”English learning life is like an onion.”と。

そう、そうなんですよね、ホント。
学んでも学んでも・・・心から満足できるような結果なんて出てこないし、
人生変わるようなミラクルが潜んでる訳でもないわけで、そんな事も当然理解しているわけで。

学ぶこと自体がオニオン。

そう、学ぶこと自体が核なんだと。

さて、上司が帰ってくる前にもう一杯飲んで・・・
心の整理をしようと思います。






2012/10/15(月) 15:32:57 | 勉強 | トラックバック:0 | コメント:0