FC2ブログ
AKIの気ままなDaily Life
9月6日(金)に「女性の為のTOEICセミナーを開催」しました。

このセミナーは、もともとは私の講師仲間が開いているセミナーで、
今回お声掛けをいただき、一緒にやらせていただく事になりました。

特に、どこかの会社が行っているセミナーではなく、
その講師仲間の方が個人でやられているセミナーだったので、
集客に不安があったのですが・・・

私の友人経由で申込みがあったり、
講師仲間が参加してくださったりと、
人脈の大事さを痛感したセミナーになりました。

本当に皆さんありがとうございました。


今回私が担当させていただいたのはPart2。
1時間程度でしたが、こんなに緊張したセミナーは初めてかもしれません。

私よりもっと講師経歴が長い講師の方も見ているわけですから、
そりゃぁ、緊張しますよね。

前日には噛まないように、1時間独り言のように1人レッスンしてみました。

今回一番反応を見たかった個所で、好感触な反応があった事は大きな収穫でしたし、
自分が女性目線として語れる事が多いことにも気が付きました。

また、他の講師の方も受講生として様々な発言をしてくださいましたが、
やはりそれもとても勉強になりました。


ただ、最後に・・・
受講生から「TOEICで本当に英語を伸ばせるかが疑問です」と言われました。

答えはもちろん「YES!伸ばせます!」なんです。
だって、そもそも英語が聞けない・読めないでは、絶対スコアはあがりませんから。

ただ、

疑問に思わせてしまうほど、TOEIC戦略を中心に話してしまったのだと反省しました。

おそらく、「なぜ戦略を中心に話すのか」を話、
「英語を伸ばすならTOEICはどう使えるのか」を途中はさむべきだったのでしょう。

やはり、
そのセミナーの目的を、冒頭に簡単に確認しておくべきでした。


あとは・・・

そうした質問にもスラスラと信念をもって答えられるようにならねば。

私はTOEICに英語力だけではなく、精神まで鍛えてもらってるのだから。

「きっと点数があがればその楽しさが分かるよ」という言葉以外にも
説得力のある言葉が出てくるような先輩講師のようになりたいと思うのでした。



2013/09/08(日) 14:58:27 | TOEICレッスン | トラックバック:0 | コメント:0
スポンサーサイト



本日、担当させていただいていた某出版社主催のTOEIC600点対策講座を終えました。

3時間×3日間、計9時間というのはやはりとても短いですね。
本当にあっという間でした。

数ヶ月前に実施した企業向け研修の時よりも、
だいぶ自分のティーチングも改善されているように感じますが、
新たに課題も見つかりました。

まず1つとして、、
9時間という時間の使い方について。

講座時間を与えられた段階で、
どのような内容に重きを置くかを考えてスケジュールを立てる訳ですが
9時間という時間は全パートを網羅する事を考えると短く感じます。

しかし9時間という短い時間の中でも、
もっと効果的に時間を使う方法があった気がします。
(まぁ・・・これは永遠の課題でもある気がしますが。)

このコースは、最後にIPテストを設定されていたこともあり、
すぐにでも役に立つ情報をお伝えしようと考え、

なるべく多くの問題を解く事で、多くの問題パターンに触れ、
どんな問題にでもすばやく対処できるような力が身につくようなスケジュールを立てました。

TOEICのスコアをUPさせるには2つの力、

1つは 「英語力」

2つ目は「情報処理能力」(瞬時に正確に問題を解く力)が必要だと言われていますが、

この講座では、
主にこの「情報処理能力」をグンとあげ、
本来持っている英語力を100%スコアに反映できるようしようというのが狙いでした。

TOEICの200問をこの「情報処理能力」の欠如により、すべてを解き終わらない場合もあるため、
自分の英語力をスコアに100%反映できていない事が良くあるのです。

しかし、今回の講座の反省点としては、

多くの問題を解けたのは良かったのですが、
多くの問題を解く時間を確保した為に時間がおしてしまい、
受講生とのやり取りが減り、
理解度を図りながら講義を進める事があまりできなかったという事です。

一方的な解説になってしまった部分もあったので、
きちんと正確な情報が伝わったか、
受講生が納得したうえで進められたかというのが心配な点です。

英語力を上げる事が目的であれば、
「いろんな問題を解いたからなんとなく力がついた気がする」という、
ぼんやりした状態で構わないのですが、
(英語力がついたぞー!!って一日ではハッキリわかるものではないので)

情報処理能力を上げる事が目的であれば、
できれば各パートで抑えるべき点、
気をつけるべき点などがきちんと頭で整理されている状態が理想です。

そのため、
多くの問題は解けたけれども、
それが原因で講義の焦点がぼやけてはいなかっただろうか、という事を
録音した自分の講義を聞いて客観的に判断する必要がありそうです。

そして2つ目の反省点としては、

「情報処理能力」を上げることに重きを置いたのですが、
9時間で英語力を上げることはできないとしても、

9時間の中で、
今後英語力を伸ばす事につながるようなメソッドをもう少し盛みこみたかったという点です。

講座が始まった日から1ヵ月後にIPテストが設定してあり、
そのIPテストでなんとしてでも結果を出し、その結果がよければもうTOEICを受ける必要がない、
英語力を上げる必要はないというなら「今後」の事を考える必要はないと思うのですが、

おそらくそういう受講生はいないでしょう。

そう考えると、やはりもっと先を見据えて、
各パートでやるべきトレーニングなどを一緒に講義中に行い、
講義が終わっても独自がそのトレーニングを活かし、英語力を上げていけるようなプロセスを
体験したり、説明しておくべきだった気もします。

ただ、受講生にそのトレーニングの意図やスコアを上げる事とそのトレーニングの関係性を説明しないと、
効果は薄くなりますが・・・。

でもやっぱり、

「問題を多く解く=時間を問題を解く事で費やされる=英語力UPのトレーニング時間がなくなる」という図式は
変わらないわけです。

今回は英語力UPのためのトレーニング時間を省略してしまったので、
別途「TOEICの勉強の仕方」をまとめた資料を配りましたが、
一番の理想はやはり、実際にトライし、体感してもらうことです。

問題を多く解くのであればそのメリットを、
問題を少なく絞るのであればそのメリットをきちんと講師側が理解して、
講義に反映させる必要がありますね。

時間があればすべてを盛り込む事ができますが、
9時間では難しかったです。

限られた時間の中でも、
「問題を多く扱いながらも、今後に繋がるトレーニングもできる」という、
効果的な方法があるでしょうか・・・ん~・・・思いつかない。

それともこのロジカルが間違っているのでしょうか・・・。

他にも、話し方やテンポ、言い回しなど反省点は多いです。
貴重な経験として今後に活かしたいと思います。

今回も最終日にアンケートを取らせていただきました。

講義は満足するものでしたか。

とても満足 42% ほぼ満足 58% どちらともいえない 0% やや不満 0% とても不満 0%

講師の教え方は

非常に分かりやすかった 72% まぁまぁ分かりやすかった 28% どちらとも言えない 0% 
少し分かりづらかった 0% 非常に分かりづらかった 0%

今後機会があれば、また同じ講師の講義を受けたいですか。

ぜひ受けたい 42% まあまあ受けたい 58% どちらとも言えない 0% 
あまり受けたくない 0% 受けたくない 0%

また、以下のようなコメントもいただきました。

ポイントが絞られていて分かり易かったです。

もっと長期で受講したかったです。
特に目からうろこ情報を沢山教えていただきました。

各種TOEIC教材には無い話が沢山聞けた事は自分にとって有益だった。


仕事をいただくたびに毎回感じますが、
経験は講師業にとって財産だと感じます。

私の講義を受けた方々にとって利益になるよう、
地道に精進して参ります。
2012/08/18(土) 21:28:50 | TOEICレッスン | トラックバック:0 | コメント:0
12月10日(土)に企業向けTOEIC講座が終了しました。

なんだか・・・
好きな人にもう2度と会えないような・・・そんな心境です(どんなだ)

レッスンをしていくうちに、
やっぱり生徒に対する愛情って芽生えるもののようです。

もっと応援したくなりますし、
その後の成長を見守りたくなります。

それができないのってやっぱり残念ですね。
ご縁があってどこかでつながればいいな、と感じます。

今回初めて大人数での講座を担当しましたが、
とても勉強になりました。

いつも思いますが、経験に勝るものはないですね。

難しかった点は、

生徒の理解度を見ながらレッスンを進めること。

大人数の為、どのくらい生徒が理解しているのか、
もっと説明をする必要があるのか、もっと問題を解く必要があるのか、を
見極める事ができませんでした。

カリキュラムを立てて、それに従ってカリキュラム通りに終える事。

最初から、完全にカリキュラム通りにできるとは思っておらず、
修正が必要と分かっていましたが、
それにしてもカリキュラムとかけ離れすぎてしまいました・・・反省。

私としては、もっともっと問題を解く時間を設けたかったのですが、
ポイントをしっかり説明しようと思うあまり、1問に対する解説の時間が長くなり、
用意していた問題数をこなすことができませんでした。


まだまだ未熟だとつくづく感じます。
これからもっと生徒さんに満足していただけるような講義ができるようになりたいです。

下記はアンケート結果。


講師の全体的な印象は?

大変良い 64% 良い 30% 普通 6% よくない0

講義は満足するものだったか

とても満足29% ほぼ満足62% どちらともいえない 9% やや不満 0 とても不満 0

講師の教え方は

非常に分かりやすかった 68% まあまあ分かりやすかった 30%  どちらともいえない 2%
少し分かりづらかった 0 非常に分かりづらかった 0

講義で使用した問題の難易度は

とても難しかった 18% 少し難しかった 21%
調度よかった 59% 少し簡単だった 2% とても簡単だった 0

さまざまなコメントもいただきました。

非常に分かりやすく、丁寧に教えていただき感謝している。機会があればまた受講してみたい。

解答のテクニックを学べて非常に良かった。

180点プラスに点数が伸びました。ありがとうございました。

分からない点については、単語から説明してくださってよかったです!!

とても分かりやすい授業でした。先生さわやか!

大変良い内容の授業だったと思います。とても身になりました。ありがとうございます。

分かりやすく、前向きに授業を受けられる雰囲気を作っていただきました。

最適最良 人、そして講師としての質が良かった、高かった。

TOEICの点数が150点以上上がりました。

下記のコメントもありがとうございます。自分なりに工夫していきます。

分からないと悩んでる人はすぐ飛ばして次に進んで欲しい。

さらに時間をかけて体系的な学習ができると良かった。

ホワイトボードの文字を少し大きくしていただきたい。

もう少したくさん問題を解いて欲しかったです。特にPart3。

もっと多くの問題を解きたかった。


これは私の1つの財産となりました。
次に生かせるように、また一層勉強、仕事に励みます。

みなさん、本当にありがとうございました。

2011/12/12(月) 11:07:33 | TOEICレッスン | トラックバック:0 | コメント:0
昨日でTOEIC講座も4回目。

1回目の講義形式がなんとなくやりづらかったので、
2回目以降バンバン指名するようにしたら、
40名ほどの顔と名前が一致するようになりました。

そして・・・

一人一人の顔つきや視線から、
なんとなくの理解度や情熱も分かるようになりました。

また、興味のある内容だと一斉にみんなの顔が上がり、
ホワイトボードに集中してくれますし

疲れが見え始めると顔が下にさがり、
顔が曇り始める、、、

なんていうのがレッスン中に分かるくらい
私にも余裕が出てくるようにもなりました。

が・・・・

やっぱり大人数のレッスンって難しいです。

答えを一人一人に伺って、不正解の答えが出たとしても、
それを追求して本人が納得するまで説明する時間がなかなか取れません。

その為、レッスンの質が下がっているような気がしてしまいます。

カリキュラムは私が作っているのでいくらでも内容や進度は変更可能なのですが、
やっぱり全員に満足のいくまで理解してもらう時間をとるのは不可能です。

また、モチベーションをあげるのも講師の仕事だと思っていますが、
それも本当に難しいです。

休憩時間中に、理解できない箇所は質問するように促したり、
単語テスト(単語を覚える事)の重要性を話したり、
自己学習のやり方を説明したり、、、

それがどれくらい響いているのかを、
一人一人の生徒と対話ができない為に、
直に受け取れないのがなんともイタイところです。

ただ・・・
救いだったのが、
何名かの生徒さんからTOEICのスコアが50点、60点上がったという報告を受けた事。

私の講義がすぐに結果に結びつくとは全く思っていませんが、
そういう報告をくださったことがとても嬉しかったです。

このレッスンもあと2回。
Image923.jpg
ビルからのこの景色を見るのもあと2回かぁ。。。

私にはまだまだ講義の仕方などの課題が山積みですが、
私も生徒さんも残り2回で限りなく成長できるように頑張ります。

2011/11/13(日) 15:47:49 | TOEICレッスン | トラックバック:0 | コメント:0
本日10月1日は都内まで、
某大手企業のTOEIC講座のレクチャーに行ってきました。

午前中の9時から12時まで3時間で1クラス
午後の13時から16時まで3時間で1クラス を担当しました。

全6日間でしっかりTOEICの基礎を身につけ、TOEICの傾向を掴んでもらいます!

それにしても・・・

今日初めて約20人程という多人数の生徒達を相手に講義をしましたが、
・・・本当に難しいですね。

やっぱり「講義形式」のレッスンとなると、
生徒さんたちが理解しているのか、
どこを弱点とするのか、私の説明に納得がいっているのかなどが見えづらいです。

個人に質問をして理解度をはかる事もしましたが、
どのくらいの人達が同じ理解度なのかを把握する事も凄く難しいです。

それにタイトなレッスンスケジュールの為、
時間もなくなります・・・。

そうなると、生徒さん達の反応を見ながら進めるしかないのですが・・・
表情や態度に目を配ると

「あ・・・ あくびしてる・・・」とか
「あ・・・ 眠そう・・・」とか
「あ・・・ 眉をひそめた」とか
「あ・・・ ため息?」とか

色々気になって気になって仕方なくなってきます。

それらを大切な生徒さんからのメッセージと思い、
もっと丁寧に説明を加えたり、もっとスピードを落としてみたり早めてみたり、
休憩を挟んでみたり色々工夫して、生徒さんの満足度を上げる事に全力を注ぎますが、、、

と、同時にやっぱりあくびとかされると軽くショックです(笑)。

帰りの電車に揺られながら

「あぁ~ 大学の教授は、
私が突っ伏して寝ててもあんなに堂々とつまらない授業をしていたのはある意味凄いなぁ~」

なんて思いました。

家に着いたのは18時。
息子の事が心配で心配でたまりませんでしたが、
旦那の手を借りてトコトコ歩きながら笑顔で玄関までお迎えに来てくれました。

そんな息子が可愛くて可愛くて、
旦那さんが夕食を準備してくれている間にギューッと一杯抱きしめてあげました。

久し振りの長時間の仕事でヘトヘトでしたが、
本当はゆっくりしたい休日に朝6時に起こされて1日中育児を任され、
そして夕食の準備まで頑張った旦那はもっとヘトヘトだった事でしょう。

今、夕食が終わり、息子が寝て、今こそゆっくりできるこの貴重な時間さえも、
何やらせっせと料理を頑張っている旦那。

「明日仕事なんだから、夕食は考えなくて済むように」との事。

私のためと言いつつも、
なんだか楽しそう・・・・・・・・

「辛いなー♪ 大変だなー♪」と言ってますが、♪が出てます。

あぁ~ オリーブオイルとにんにくのいい香り。

明日もお仕事&育児、頑張ります。

2011/10/01(土) 20:51:46 | TOEICレッスン | トラックバック:0 | コメント:0