AKIの気ままなDaily Life
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1年間で116文章。

もっと書けたらよかった・・・。

これは今年で終わりにいたします。
(また、どこかで書き続けますが。)
2013/12/31(火) 07:50:15 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:0
スポンサーサイト
今年もいよいよ最後となりました。

あっという間過ぎて、気持ちが全然追いつきません。
新年を迎えたら、なんだか生まれ変わらなきゃいけないような気がしてしまって・・・
その心の準備が出来ていないような感じです。

その一つの準備として新しい手帳を買ってみましたが、
なんとなく何かを書き込む気にもなれず。

あぁ~6月くらいに戻りたい~!(→戻りすぎ)

こんな風に今年は駄々をこねていますが・・・
過去の私はどんなふうに年越ししていたのでしょうか。

2010年最後の日

2011年 こうして、強くなっていく

2012年 最終日

過去記録を読み返すと面白いですね。色んな事がありました。

2012年では「今年は間違いなく自分なりに突っ走れた年だったと感じています」と書いていますが、
おそらく元々が突っ走ってしまう性分なので、それに拍車をかけた年だったんでしょう。

昨日夕食の際の何かの話で、母親が

「あなたは昔から突っ走って、人の意見聞かない人だったから。
何かやると決めたら止めても無駄だって知ってたのよ。」

と言っていました。

また、昔誰かが

「あなたはどんな状況でも自分の楽しい事を追い求めていく性格だから大丈夫。
いつだってあなたは今と変わらず楽しい事を自分の好きなままにやっているわ。」

と言われた事もとても印象に残っています。

この性分は逆に変える事が難しいのかもしれませんね。

ただ・・・
来年からは「突っ走る」のではなく「腰を据えて」何かやりたいなと思っています。

無我夢中に、焦って、力んで、頑張って・・・ではなく、
冷静に、落ち着いて、力を抜いて、楽しんで・・・やりたいと。

それが自分にできるかわかりませんが。
「冷静に」の時点で、すでに自分の中で違和感が生じる(笑)


さ、今年をもう一度振り返って・・・
来年の目標をゆっくり考えてみようと思います。

今年達成したこと、できたこと、変化

英検1級合格

何としてでも今年取りたかった英検1級。
夜息子と一緒に寝て朝起きる生活にシフト。
朝3時に起きれればいいと思っていましたが、2時くらいに起きることも多々あり。
(→焦りすぎ)

TOEIC985点 自己記録更新

本当は今年以内に満点を取りたかった・・・。
まぁ、まぁ・・・よく考えればまだまだTOEICで楽しめるってこと。

伝える技術勉強会立ち上げ

Jayさん、Kyoukoさんと勉強会を立ち上げたのが確か・・・7月頃(→あいまい)。
それから1か月に一回くらいのペースで開催し、お会いしていますが、
この3人の相性ば抜群な気がしてなりません。
Kyoukoさんのちょっと天然ぽい発言にJayさんが軽快に突っ込む(そして私が笑う)
・・・なんていいコンビ!(トリオ!)

あとは・・
このような講師仲間に恵まれたことにつくづく感謝です。
Jayさんに関しては一流講師で超多忙にも関わらず、毎回出席して楽しい話題を提供してくださりますし、
私の講義、アイディアに関しても丁寧にアドバイスしてくださります。

Kyoukoさんに関しては、・・・もうここでは言い尽くせないくらい・・・
いろいろな面で支えになってくださっています。

私が前向きに講師業をやっていこうと思えるのは、
Kyoukoさんとやり取りさせてもらっているからだと思えます。

企業研修再開

最後の企業研修から間が空いて、
なんとなく・・・キャリアを積んでいかないといけない仕事なのに妙な焦りがあり再開。
やっぱり現場から学ぶことはとてつもなく多いと実感しました。
そして・・・何と言っても楽しい。

書籍の執筆協力

この仕事は本当に楽しませていただきましたし、
何よりも自分の勉強になりました。
今ではリスニングに関しては選択肢を見ただけでストーリーが予想できます。
13-12-10_001.jpg
途中、手足口病になりPart6だけ執筆できなかったのが無念・・・

無料セミナー開催

某専門学校で無料セミナーを開催しました。
一人でやるTOEICセミナー、パワポ使用は初めての経験でした。
本当に遣り甲斐があり、やっぱり講義って楽しいと実感。
このようなきっかけをくださった友人に感謝です。



ざっくりこんな感じでしょうか。
こう考えると・・・やっぱり私は仕事が好きなんだなーと。
ただ来年からは仕事以上にやりたいこと?やらなきゃいけないこと?が見えてきたので、
そっちを優先したいと思っています。

最後に・・・
13-12-31_001[1]
昨日母が買ってくれたピアス。(※飛行機はピアスではありません)

母はなんだかんだ、私が元気になる方法をよく知っています。

いつも前向きな母、
話を聞いてただうなずく父、
的確なアドバイスをする旦那、
いつも無邪気な可愛い息子、

周りの人たちに本当に感謝です。

来年もいい年になりますように。

2013/12/31(火) 07:09:49 | 日々の生活 | トラックバック:0 | コメント:0
第186回TOEIC、受けてきました!
久々の振り返り・・・。
今までも受けてましたが、振り返り記録を残していませんでした。
やっぱりきちんと分析したものを残さないとダメですね

今回も本番のテストの前に、ETSが出版している韓国模試を2回分解きました。
その模試、なんと10回分入っていて、確かLR合計で7000円くらい。
解説は全て韓国語なので、韓国語を読める方か、
解説を見なくてもなぜ間違えなのか分かる上級者の方にお勧め。

ちなみに私はある程度韓国語ができます。(見え透いた嘘)

私はここで購入しました。
→http://www.komabook.co.jp/search/search_detail.php?goods_detail_id=15513&&wide_category_id=1

その2回分の模試、
8回と9回を事前に解いたのですが、今までで最高の出来でした。
リーディングに関しては、時間が20分くらい余りました。

読むスピードが確実に上がっているようです。

自信をつけていざ本番テスト!

感触を記録しておきます。
今回、Part3/4、Part7では、リフレーズの嵐だった気がします。
通常リスニングではそこまでリフレーズってないのですが、
今回は初級者は苦しんだであろう巧みなリフレーズがバンバン出てました。


Part1 易

Part2 普通

Part3 やや難

Part4 やや難

いつもPart3/4は、選択肢を見ただけでなんとなくの話のストーリーが分かります。
しかし!!!今回は話の内容、流れがいつもと違いました。
TOEICを良く知る人ほど、戸惑ったかもしれません。

Part5 やや難

私の一番苦手とするコロケーションは出なかった気がします。
文法問題・語彙問題が難しいものが含まれていました。

今だに分からないのは、
( ) since November, S+V・・・・ の問題。

この(  )の選択肢は、operations, operational, operationally, to operate。
これがどれを選ぶべきなのか今だ分かりません。

誰か教えてください(→他力本願)


Part6 易

Part7 普通

最後15分くらい時間があまりました。
ザーッとリーディングの見直しができました。

1つ間違いを自覚・・・。
criticalの言い換え問題を間違えました。なんでそっち選んじゃうかな~・・・・バカぁ!


今回の満点への手ごたえ

リーディングパートの点数UPは確実に見込めると思うが、1問落としているので満点は無理だろう。
リスニングはPart1で一つ怪しいのがあったが、それ以外はパーフェクトである自信あり。



今回の改善点は、やはり時間。
時間が通常は10分~5分しか余らなくて最後焦るのですが、
今回は余裕がありました。

おそらく新聞記事を読んだり、
TOEICのPart7を筆写しているので読むスピードが速くなっているのでしょう。

特に筆写に関しては、TOEICの出やすいフレーズが完全に頭に入るので、
良く出るフレーズは、ものすごいスピードで読めている気がします。

また、本番前に模試をやることで、自分がどのようなミスをしがちなのか分析でき、
「答えに迷う時にはこのようにしよう」と事前に対策を打てた事が良かった気がします。

やっぱりやるだけの事は成果が出るってもんですね。
(→じゃあ、早く満点とれや)

1月の受験は見送りますが、2月は受けます!
来年は模試模試模試、模試の1年を送るつもりです。

模試で満点取れなきゃ、本番で取れるわけにあらず。(日本語あってる?)

さっそく模試をありったけオーダーしようと思います
2013/12/09(月) 06:53:11 | TOEIC関連 | トラックバック:0 | コメント:0
規則正しい生活:orderly life

What does it mean “orderly life” for you?
In my case, it means to go to bed at the right time and to wake up at the right time.
In addition, it means to eat decent meals. Of course, I can control all of them by myself because I’m not a child. However, of course, my son is still a child and can’t even know the time, so I need to control his life.

A few months ago, he was morning person. However, now is not. A few days ago, he bitterly cried and refused to get up! I thought it was connected with the length of sleep at night because it was true that he went to bed around 9:30 or later. So, yesterday, I waken him up after he took a nap for one hour and let him go to bed earlier. However, he had difficulty getting up this morning…

I wonder how I can wake him up without any problems!? Anyway, the reason why he doesn’t want to get up may be related to the cold winter. Tomorrow morning, I will prepare the warmer room for him.
2013/11/28(木) 11:44:20 | Today's word | トラックバック:0 | コメント:2
11月10日(日)に、セミナーに出席しに、築地まで行きました!

今回のセミナーのゲストスピーカーは、神崎正哉先生

TOEIC業界でも一流の先生なのは間違いないですが、
今まで夏に行われた「TOEICまつり」でしかお会いしていなかったので、
話を聞くのをとても楽しみにしていました。

TOEICまつりでの神崎先生の第一印象は・・・

ナチュラル

もう、ナチュラル以外に言葉が見つかりません(→ほめ言葉)

肩の力を抜いて、その場の雰囲気を楽しむのが好きな方なんだなぁ、と言う感じでした。


さっそくセミナー会場に到着してご挨拶したら、
名前を憶えてくださっていました。す・・・すごい。

お会いしたのは夏、しかも印象薄いであろう私の存在を覚えてくださっていたとはー!

「良い講師は、名前をすぐに覚えて信頼を得られる」というのは本当ですね。


さ、今回のセミナー内容の感想ですが、

TOEICに関する「斬新なアイディア」や「これをやればスコアは伸ばせる的な売り文句」は、
一切ありませんでした。

至って・・・

普通なんです、そう、普通。
地道にできる事を確実にやってもらって英語力をUPさせる、というスタイル。

神崎先生は、「TOEICのスコアは高いけど、英語力はない」と言われがちな事が嫌で、
TOEICのレッスンの中でも、「英語力をしっかり鍛えられる内容」に注力しているそう。

最近は、TOEICの攻略本やウンチク本など色々あるなかで、
そうやって、あえて「しっかりやり方に注意して、普通に確実に取り組めばスコアも上がるよ」
と言う講師は、TOEIC業界の中でも、そして一流と呼ばれるTOEIC講師の中でもとても珍しく、
なんだか本当に大事な事を教えられた気がしました。

なんだか、「そう、これでいいんだ、これで。」と
複雑な事を授業で取り入れる必要がないんだ、と再確認でき安心しました。

ただ1つだけ・・・

びっくりしたのは、
神崎先生は一切テクニック的な事は授業中にやらないとおっしゃっており、
Part5も、「全部頭から読んでもらって、それっぽいのを選んでもらう」と!!

全部読む・・・・・・・・・

私なら絶対時間内に解き終わらない・・・・・・・・・・・・・

神崎先生のおっしゃる主旨としては、
「複雑なテクニックを使うよりも、感覚で解いた方が僕の生徒はうまく解ける」とおっしゃってました。

きっと神崎先生も、
現代っ子も、外国生活経験があったり、英語的感覚が鋭いので、感覚で解けるのでしょう。
羨ましい・・・。

ただ、そうじゃない純日本人のような人は感覚で解いててはスコアや英語力は頭打ちです、確実に。

よく、

「Part5で、文章を読まないで解いたり、何の品詞かだけで答えを選ぶのはテクニックにすぎず、
ずるをしているようだ」

と考えている人、また講師がいる事にびっくりします。

私は、テクニックやズルとは全く思いません。

Part5では、

「ここには何が入るでしょう。名詞?形容詞?いや、副詞?分かる?」と
聞いている問題と、

「ここには何が入るでしょう。全部読んでみて内容から推測してね」と

聞いている問題と(大きく分けて)2種類あるわけで、

前者なら「できるだけ読まずに、文構造のみで解答を導き出す」能力を試されているのです。

それを「全部読まなきゃズルしている」と思うのは、
そもそもTOEICの問題の主旨を勘違いしていると、私は思います。

感覚で解ける人はおそらく全部読んで解答するのでしょうが、
それは特別な能力なわけで、

普通は、
「文構造をしっかり見極められ、そこに何の品詞が入るべきなのかを知っているか」を計られている訳なので、
「できるだけ内容な読まず、文構造を把握することに注力する」ことだと思っています。

私はこの「文構造を把握することに注力する」のが今でも甘くなるので、
今では英文筆者をやり、文の構造をより意識する勉強をしています。

「読む」作業より「書く」作業の方が、文構造に意識がいくので。


・・・本当は感覚を磨く努力をした方がいいのか!?

とも思ったりしますが、

とりあえずこの方法でしばらくいってみます。








2013/11/25(月) 06:17:26 | セミナー | トラックバック:0 | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。